仮想通貨(暗号資産)週報「上昇後のもみあい局面」(7月第5週)

今週のビットコインは続伸し一時4万ドルの大台も突破、その後も堅調な地合いを続けています。

仮想通貨(暗号資産)週報「上昇後のもみあい局面」(7月第5週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは続伸し一時4万ドルの大台も突破、その後も堅調な地合いを続けています。きっかけは先週取り上げたマスク氏の発言によるところが大きいのですが、先週時点で上抜けていた青のレジスタンスラインだけでなく、ピンクのレジスタンスラインも上抜け、現状は4月高値と5月安値の38.2%戻しとなる42247ドルを視野に入れる展開となってきました。4時間足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートで示した38.2%戻しのターゲットが上値の目途というのはよさそうですが、下値については急速に上がってきただけに、どの高値を目安とするのか悩ましいところです。このチャートでは6月29日の高値36589ドルに紫の水平線を引いてみましたが、今週前半にいったん押しが入った際に同水準で下げ止まったことから、サポートとして考えてもよさそうです。
来週はこれまでの上げに対して横方向への動きへと、いったん踊り場を形成する流れに入ってくると見て、上下のターゲットは上述したテクニカルなターゲットをベースに、36500ドルをサポートに42000ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
中国ではデジタル人民元が既に実用化の域に達していることは先週のトピックスで扱いましたが、米国の調査会社によるとCDBC(中銀デジタル通貨)開発に関わった国は81にも達しているとのことです。
デジタル人民元の実用化に警戒感だけでなく焦りもあるとは思いますが、これまでのように主要先進国が逆に遅れるということになると一気に通貨の覇権に変化が生じるリスクもあります。依然として仮想通貨(暗号資産)そのものには警戒を緩めていませんが、CDBCが普通に利用できる世の中となった時に、ビットコインやアルトコインがどうなっているのかは興味深いところです。
ブロックチェーン技術進化の中でのあだ花として存在したと通貨の歴史に書かれる可能性も低くはないでしょうし、次の5年はなかなか興味深いですね。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
テスラが4~6月期に2300万ドルの減損損失を計上しました。これはビットコインが急落したことによるものですが、テスラは今年1月だけで15億ドル購入し、6月末時点では13億ドル相当の保有です。平均保有コストと評価レートとの差での損失ですが、13億ドル相当も持っていてボラティリティも高いので振れは大きそうです。
このこと自体ははっきり言ってどうでも良いのですが、イーロンマスク氏は7月のビットコイン上昇のきっかけとなった発言をしていて、ただでさえ米国SECに目をつけられやすい状態にある中、減損を出している会社資産に対しての相場操縦と見られる可能性が高いのではないかと思います。
執筆時点ではまだ何も聞こえてきませんが、当局による調査といったようなニュースでも出てくると今度は売り材料となるリスクが大きくなります。そろそろマスク氏もあまり喋らない方がいいように思いますが、本人曰く喋らずにはいられない病気だそうで、会社の担当者も頭を悩ませていそうですね。

今週のコラム「アストロチャート」

まだ距離はあるのですが、アストロチャートで重要なレジスタンスに近づきつつあるので、注意喚起で今週はアストロチャートを出しておきます。

今週のコラム「アストロチャート」

水色の太いラインがそれですが、5月の急落時にはこのラインを下抜けたことでその後の上値の重たい展開へとつながったという印象でした。

今回はこのラインを上抜ける動きが今後出てくれば続伸の芽が出てきますが、逆に反落するとなるともみあい継続という流れになっていきます。今すぐでは無いにせよそれほど離れているわけでも無いため、ちょっと気にし始めたというところです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る