仮想通貨(暗号資産)週報「高値圏でのもみあいを抜けた方に走りやすい」(8月第3週)

仮想通貨(暗号資産)市場のセンチメントはやや強気に傾いているため、下押し方向への動きには注意したいと思います。

仮想通貨(暗号資産)週報「高値圏でのもみあいを抜けた方に走りやすい」(8月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは週末に14日に付けた48114ドルを高値にじり安の展開を辿りましたが、昨日は上昇に転じ振り返ると高値圏でのもみあいの局面に入ってきた動きです。
4月高値と5月安値の半値戻し46558ドル達成後は同水準を中心としたもみあいであると同時に、7月安値を起点とする上昇チャンネルの中での動きも継続中と言えます。このチャンネルを下抜けてくるとヘッド&ショルダー型の反転パターン完成につながりますので、今後数日の動きは重要です。4時間足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートで示した各ラインに加え、水色の点線で形成中のヘッド&ショルダーを示しました。頭の部分が2つに分かれていますが、基本的に左右対称になっているため、チャンネルを下抜けすれば下げに転じるでしょうし、先週高値を上抜けると上昇トレンドに回帰という流れです。
どちらかが確定するまではもみあいですが、現状は上値に近くどちらかというと上昇トレンドに回帰する可能性が高そうに見えてきます。しかし水曜に発表されたFOMC議事録以降、早期テーパリング思惑が再燃し、株式市場は調整の売りが目立ちます。最近では株式と仮想通貨(暗号資産)はどちらもリスク資産と見られることが多く、そうであるとすると下げるリスクもそれなりにあると言えます。
どちらになるのかは抜けるまで判断しない方が賢明であるため、ここでは基本的に最近のレンジ内での動きを示すに留め、来週は44000ドルをサポートに48000ドルをレジスタンスとする週を見ておきますが、仮想通貨(暗号資産)市場のセンチメントはやや強気に傾いているため、下押し方向への動きには注意したいと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
同タイトルでデジタル通貨に関しての連載が行われています。
1回目が16日「デジタル人民元の野望」と題して、来年2月の冬季オリンピックに向け既に実用化のステージに移行したデジタル人民元についての現状がかかれています。まだ市民参加の実験ステージが始まった2020年10月から1年経っていませんが、既に来年のオリンピック直後には正式に利用される見通しで、米国の対応が急務となってきた背景がよくまとめられています。
2回目は17日「デジタル通貨、ドルの束縛逃れる受け皿に」と題して、エルサルバドル国内で最近のビットコイン対応状況、そして基軸通貨としてのドルの地位を危うくするデジタル通貨の拡大等、新興国における今後のデジタル通貨対応と、デジタル人民元の戦略などが簡潔にまとめられています。
3回目は19日「新たな破壊者だ」と一見内容が見えてこないタイトルですが、フェイスブック主導したデジタル通貨のディエム(旧リブラ)の失敗、そしてステーブルコインであるテザーについての説明でした。ディエムはスタイルを変え、テザーは相変わらず時価総額で上位にいます。通貨当局の悩みは尽きないようです。
ここまでの連載内容を見ている限り、米国の対応が色々な意味で重要になってくることは間違いありません。2022年は一気に動きが出てくるような気がします。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
これはちょっと驚きの記事です。三菱UFJ銀行に口座を持つ顧客はコインベースにクイック入金(即時入金できるサービス)を導入するとのこと。メガバンクが仮想通貨(暗号資産)業者へのクイック入金をするのは初とのこと。
コインベースは世界最大の仮想通貨(暗号資産)取引所ですが、8月19日から日本でも正式に業務を開始し、それと同時にクイック入金サービスを提供と、一気にシェアを取りに行こうという姿勢ですね。サービス面を中心に日本国内でのコインベースの今後の展開は興味深いところです。

今週のコラム「アストロチャート」

たまに取り上げているアストロチャートですが、アストロチャートでは以前から示している重要なラインにまとわりつくような値動きになっています。

今週のコラム「アストロチャート」

水色の太いラインがそれですが、現状44800ドル水準に位置し、明確に上抜けたとも言えない流れです。テクニカルにもアストロによる分析でも来週は今後の方向性を決める重要な週になりそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る