仮想通貨(暗号資産)週報「7日レンジの中で上下とも限定的な動きへ」(9月第2週)

現状では改めて5万ドルの大台の上値の重さが再確認されていると言えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)週報「7日レンジの中で上下とも限定的な動きへ」(9月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週のビットコインはエルサルバドルでビットコインが法定通貨となった当日に週間高値52899ドルから週間安値43000ドルへと1万ドル近い急落を演じました。これはトピックスでも取り上げるエルサルバドル国内における障害等がきっかけと言われていますが、基本的にはこのイベントに向けて噂で買って事実で売る動きがニュースで加速され、ストップオーダーをトリガーし、テクニカルにも売りが広がることとなった故と考えられます。
その後は買い戻しは出ているものの、5万ドルの大台を超え、テクニカル面では本来ならば利食い売りが出やすい水準に短期筋の仕掛けで買いが膨らみ、そうした短期勢が投げさせられたため、現状では改めて5万ドルの大台の上値の重さが再確認されていると言えるでしょう。このあたりの動きを4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

7日に直近の高値も安値も見ていますので、この日のレンジをベースに考えると半値47949ドルが上値の重くなりやすい水準です。こうして見ると4月高値と5月安値の61.8%戻し(赤のターゲット)よりも上の水準はテクニカルには余計な値動きだったことがわかりますが、短期的な安値も見たチャートと言えます。
下値に関しては45000ドル以下では買いオーダーも入ってきているようですから、来週は44000ドルをサポートに48000ドルをレジスタンスとする一週間を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントとともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
9月7日からスタートしたエルサルバドルでの法定通貨としてのビットコインですが、初日からウォレット、ATMでの不備が目立ったようです。ウォレットアプリがダウンロードできないのは良いとしても、入金しても残高確認ができないとなると国民の不安、不満は募るのは当然です。
しかもビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)全体への先進国の規制、警戒はまだまだ強く世銀もエルサルバドル政府からの支援要請を断っていますし、国内でもビットコインでの受け取りを拒否するデモも起きたようです。
それ以上に大統領の独裁に対する批判も出ているようで、まだまだ前途は多難というスタートとなったようです。なお、大統領は当日にビットコインが急落したことを受け、追加で購入したと発言しました。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
米国でビットコインETFの申請が相次いでいて8月だけで8件の申請が出ています。これまでSECは全て申請を却下してきましたが、今回は秋にも承認が出るとの思惑が広がっているようです。これは規制推進派のゲンスラーSEC委員長が先月の発言で先物に限ればETF承認の可能性があることを示したことによります。
これまでも海外ではビットコイン連動型ETFの承認がありましたが、米国では条件を満たしていないとの判断で却下が続いていたのですが、CME(シカゴマーカンタイル取引所)でビットコイン先物が取引されていて、同取引所はSECの管轄下にあるため、不正な取引が行われる場合には介入が可能といったところが大きいようです。
引き続き現物ビットコインのETFは却下されると思いますが、先物がOKとなれば先物取引が増え、さらには投資家の資金も流入しと、これまでよりも投資環境は安定してくる下地が整いそうです。

今週のコラム「アストロチャート」

今週のビットコインはすさまじい動きとなりましたが、アストロチャートを見るとなかなか面白い状況です。まずはチャートをご覧ください。

今週のコラム「アストロチャート」

カーブを描いている各ラインはサポート、レジスタンスとなりやすい水準で天王星の位置をベースに算出しています。特に太いラインが重要なサポート、レジスタンスとなりやすいのですが、8月9日に水色の太いラインを上抜けてから何度か同ラインがサポートとなっていましたが、今週の急落後も同ラインがサポートとなっています。

現在同ラインは44600ドル水準にありますので、このチャートからも45000ドル以下では買いが出やすいと見ることが出来そうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る