ビットコイン円、ライトコインに係る捏造報道を受けて約1ヶ月ぶり安値圏へ下落(9/14朝)

週明け13日(月)のビットコイン円相場は上値の重い展開。

関連通貨:

ビットコイン円、ライトコインに係る捏造報道を受けて約1ヶ月ぶり安値圏へ下落(9/14朝)

ビットコイン円、ライトコインに係る捏造報道を受けて約1ヶ月ぶり安値圏へ下落

〇ビットコイン円、市場に広がる総悲観ムード、ライトコインとウォルマートを巡る誤報道に急落
〇一時479万円まで下げるも、引けにかけ490万円台まで持ち直す
〇日本仮想通貨交換業協会、メルカリの子会社、メルコインの第二種会員としての登録を発表
〇ビットコイン円テクニカルな地合い強く下値余地は乏しいと判断
〇ファンダメンタルズも、ヘッジファンドを中心とした投機マネー流入期待される動きもみられる
〇ポジション一巡後の持ち直しを予想、本日の予想レンジ:475.0万円ー525.0万円

昨日の概況

週明け13日(月)のビットコイン円相場は上値の重い展開。①暗号資産市場全体に広がる総悲観ムード(NFTバブル崩壊→アルトコイン下落→ビットコイン連れ安)や、②米SEC(証券取引委員会)によるコインベース社に対する法的措置検討の構え、③世界的な規制強化への警戒感(香港SFCによる規制強化報道や、米FRBによるステーブルコインに係る会合など)、④ライトコインに係るフェイクニュース(米小売大手ウォルマートがライトコインと提携し、10/1よりライトコインを用いた支払いを開始するとの報道が出ましたが、その後ウォルマート広報担当者より内容は真実ではなく、ウォルマートとライトコインに提携関係は無いと否定。ビットコインは報道直後に514.7万円まで急騰するも、フェイクニュース判明後に急反落)などが重石となり、米国時間にかけて、安値479.0万円(8/9以来、約1ヵ月ぶり安値圏)まで急落しました。もっとも、一目均衡表雲上限に続落を阻まれると、引けにかけて持ち直し、本稿執筆時点(日本時間6時10分現在)では、496.5万円前後で推移しております。尚、昨日は日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)がメルカリの子会社であるメルコインを「第二種会員」として登録したことを発表しまたが、相場への影響は限定的となりました。

本日の見通し

ビットコイン円相場は9/7に記録した直近高値579.5万円をトップに反落に転じると、昨日は一時479.0万円まで急落しました(僅か6日間で100.0万円超の急落劇)。しかし、EMA(指数平滑移動線)ベースでパーフェクトオーダーが継続していること、一目均衡表雲上下限が下方向から切り上がってくること、ダウ理論で見た上昇トレンドが継続していること等を踏まえると、下値余地は乏しいと判断できます(9/7以降の急落劇は上昇トレンドの過程で見られる一時的なポジション調整と整理。一巡後の反発を想定)。

ファンダメンタルズ的に見ても、昨日は英ヘッジファンド大手のブレバン・ハワード社より、暗号資産事業の拡大方針が発表されました。暗号資産部門の責任者にCMTデジタル社のコリーン・サリバンCEOを起用することを決定した他、新部門として「BHデジタル」を立ち上げ、暗号通貨に係る運用の「大幅な」拡大方針が示されるなど、ヘッジファンドを中心とした投機マネーの流入期待は根強いと判断できます。以上を踏まえ、当方では引き続き、ビットコイン円相場の反発(ポジション調整一巡後の持ち直し)をメインシナリオとして予想いたします。尚、本日は日本時間21時30分に発表される米8月消費者物価指数および同コア指数に注目が集まります。市場予想通りインフレ鈍化が示されれば(パウエルFRB議長が言及する通り、インフレが一過性であることが確認できれば)、米早期テーパリング・米早期利上げ観測後退→米長期金利低下→米ドル安→リスクアセット上昇の経路でビットコインにも上昇圧力が加わる可能性があるため、同指標発表後のボラティリティ拡大に注意が必要でしょう。

本日の予想レンジ:475.0万円ー525.0万円

ビットコイン円、ライトコインに係る捏造報道を受けて約1ヶ月ぶり安値圏へ下落

ビットコイン円日足

関連記事

ページトップへ戻る