仮想通貨(暗号資産)週報「6万ドルの大台は通過点、更なる上昇も」(10月第3週)

4月以来の6万ドルの大台を視野に入れる展開となってきました。

仮想通貨(暗号資産)週報「6万ドルの大台は通過点、更なる上昇も」(10月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週は週初から底堅い展開を続けていましたが、14日に週間高値を上抜け一段高もと考える参加者が多いところに、国内の大手取引業者ビットフライヤーが14 日付で金融商品取引法に基づく第一種金融商品取引業者として登録されたことを好感した動きです。
 10月末までに登録されないと証拠金取引(レバ取引)が出来なくなりポジション解消の売りがかなり出ると言われていただけに、その潜在的な売りが無くなったことは大きいと言えます。本日は寄り付きから大幅高となり59478ドルまで高値を切り上げ、4月以来の6万ドルの大台を視野に入れる展開となってきました。4時間足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足で示した上昇N波動のターゲットをピンクの水平線で、6万ドルの大台をピンクの太い水平線で示してありますが、6万ドルの大台はすぐにでもつけそうな勢いですから、100%エクスパンションの63172ドルをターゲットとして考えた方が良さそうです。
9月末からの動きを上昇チャンネルとして考えると青の平行チャンネルを想定できますが、このチャンネル内で今後も上昇を続けるとなると63000ドル台は通過地点に過ぎない水準とも言えます。日柄的にも来週月曜までは水星が逆行中で一方向に動きやすいという過去のパターンを考えると来週初あたりにいったん調整が入る可能性もありそうです。
来週は今週前半の高値圏57500ドルをサポートに、テクニカルなターゲットと重なる63000ドルをレジスタンスとする一週間を見ておきますが、6万ドルの大台を超えてからの高値とその後の反落が急激に起こる可能性に注意してください。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
SBIホールディングスがデジタル経済圏を関西に作ると言ってから随分経ちますが、その中心となるODX(大阪デジタルエクスチェンジ)に野村ホールディングスと大和証券グループがそれぞれ5%ずつ出資することになったようです。
ODXはSBI以外に大阪が地場でもある三井住友フィナンシャルグループも設立に関わっていて、日興証券は三井住友フィナンシャルグループであることを考えると大手証券3社が全てODXに関わることとなります。
ODXでは来年春から上場株の取り扱いを始める予定ですから、半年後には取引が始まりますが、目玉は23年から始まる予定のデジタル証券の売買です。これはブロックチェーン技術を使い証券の小口化をすることで、個人投資家も市場での売買が出来るようになります。今後どのような発展を見せるかまだ未知数ではあるものの、証券大手3社が揃って出てきたことで一定のポジションは維持していくことは間違いないでしょう。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
ビットコインの国別マイニング(採掘)シェアが急変し、中国政府の規制で中国内のマイニングが7月以降はゼロとなるいっぽうで、米国のシェアが35.4%(8月時点)とこの3か月で倍増しているとのことです。
中国政府がマイニングを禁止したのが5月で当時は中国から隣国カザフや米国へとマイニング場所の移動が進みましたが、テキサス州では電力料金の軽減措置もあり、米国でのマイニングへと大きくシフトした結果が数字として表れました。カザフも同様にシェアが伸び18.1%(8月時点)の2位と、米国とカザフで53.5%と全世界の半分以上を占めていることとなります。
既に中国がゼロとなったことでここからの大きな変動は無いと考えられますが、今後も両国のシェアが過半数という状況は続いていくと考えられます。

今週のコラム「19日からの水星順行で起きることは?」

先週のコラムでは水星逆行中はビットコインが一方向に動きやすいということをリマインドしましたが、今回もそのパターンで水星逆行が終わりそうです。逆行は19日0:35までとなっていますので、19日のほとんどの時間は順行です。

順行とビットコインとの関係は特に無いですが、円相場においては順行日±1日に円高に動きやすいという相関が見られます。最近のドル円は米金利の動きか、株式市場の動きを見て動くことが多いのですが、仮に19日前後に円相場が円高に動くとすると現状では米金利よりも株式市場の下げのほうが考えやすいでしょう。


そして株式市場のリスクオン・リスクオフという話になるとビットコインも影響を受ける可能性が出てきます。株安によるリスクオフで円相場は円高、ビットコインも売られるという可能性を考えると、現在かなり騰勢を強めているビットコイン円で大きめの調整が入るかもしれないということは頭の片隅に置いておいてください。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る