仮想通貨(暗号資産)週報「高値圏でのもみあい継続か」(11月第2週)

ビットコインは史上最高値を更新後にやや調整が入る動きとなっています。

仮想通貨(暗号資産)週報「高値圏でのもみあい継続か」(11月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

先週執筆時点では高値圏でのもみあい継続を考えていましたがビットコインは史上最高値を更新後にやや調整が入る動きとなっています。短期的には次の大台7万ドルを目指す流れになってきましたが、さすがに来週上抜けるほどの勢いまでは無いのではないかと思います。
中期的にはサポートラインとレジスタンスラインで示した上昇ウェッジの中で7万ドルを目指す展開だと見ていますが、来週は今週の高値圏でのもみあいになると考えています。4時間足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートで示した上昇ウェッジ部分が拡大されています。上値は新高値を見ずに68000ドル水準をレジスタンスにする流れ、いっぽうでサポートはサポートラインが位置する62000ドル程度までの押しはありそうです。
最近は好材料に反応しやすくなってきているものの、いったんは大台更新前の足踏みの週になることを考え、来週は62000ドルをサポートに、68000ドルをレジスタンスとする一週間を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
金融センターであるニューヨーク市のアダムス新市長が来年1月に就任しますが、給与3か月分をビットコインで受け取ることを表明しました。これまでは当局の規制もあって公人がビットコインで給与を受け取るということは考えにくかったのですが、それだけ規制に対する懸念が無くなってきていることの証に思えます。
NY市では仮想通貨(暗号資産)関連産業の振興にも意欲を示していますが、マイアミに続いて仮想通貨(暗号資産)を積極的に導入する大都市としては全米で2番目です。動きが他の市にも広がるでしょうし、NY市でもマンハッタンでは思いのほか急速に関連サービスが普及するのではないかと思われます。
財務省やFRBが規制下での普及に舵を切ってきていますので、米国が本気になると一気に世の中が変わる流れになるのではないでしょうか。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
ビットコインが11月10日に史上最高値を更新し、このレポートで使っているレートでは69000ドルをつけました。7万ドルの大台を目前に調整が入っていますが、同記事にもある通り仮想通貨(暗号資産)に対する規制への懸念が先物連動ETFの上場以降かなり和らいできている中で、年金などの機関投資家による購入増加が最大の要因です。
米国株式市場もリスクオンの動きで来ましたが、米国CPIが31年ぶりの6%台に乗せ、利上げ前倒し思惑が今後株式市場の調整につながる際には、調整が入る可能性はありますが、ビットコインだけでなくアルトコインに対しても市場参加者は楽観的で仮想通貨(暗号資産)全体の資産総額は3兆ドルに達しているのは驚きです。
これは年初から4倍、米国株ではアップルを抜き時価総額1位マイクロソフトの2.5兆ドルをも上回る規模です。株価と比較して4位にいた頃でも驚きでしたが、短期間にどの株をも抜き去ってきたことを考えると、まだまだ行くのだろうと考えざるを得ません。

今週のコラム「仮想通貨インデックス1000の大台乗せ」

仮想通貨羅針盤でも毎朝更新している仮想通貨インデックスですが、ついに1000の大台乗せとなりました。ビットコインは7万ドルの大台手前で反落していますが、イーサリアムの順調な上昇トレンドに支えられている流れです。

今週のコラム「仮想通貨インデックス1000の大台乗せ」

勝手インデックスではありますが、これまでも結構節目節目で止まったり反落したりということが多く、今から考えるとはるか彼方ですが100の大台もサポートとなったりレジスタンスとなったりしていました。今回は1000という大台が節目になってきそうな気もしますので、注意して見ていると面白いと思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る