ビットコイン円、上値の重い展開が継続。テクニカル的にも続落リスクを示唆(11/18朝)

17日(水)のビットコイン円相場は上値の重い展開。

関連通貨:

ビットコイン円、上値の重い展開が継続。テクニカル的にも続落リスクを示唆(11/18朝)

ビットコイン円、上値の重い展開が継続。テクニカル的にも続落リスクを示唆

〇ビットコイン円、米国時間朝方にかけて、安値672.5万円まで下落
〇米国、中国、日本の当局による暗号資産規制強化の動き等が背景
〇その後持ち直すも上値重く687.7万円前後で推移
〇ビットコイン円相場は上値の重い展開が継続中、高値掴みの投資家のふるい落とし進行中
〇テクニカルの地合い弱く、ダウンサイドリスクに引き続き要警戒
〇ビットコイン円相場の短期的な下落をメインシナリオとして予想
〇本日の予想レンジ:640.0万円ー710.0万円

昨日の概況

17日(水)のビットコイン円相場は上値の重い展開。アジア時間朝方にかけて高値702.4万円まで上値を伸ばすも、一巡後に伸び悩むと、①対円での心理的節目700.0万円や対ドルの心理的節目60000ドルを割り込んだことに伴う短期筋のロスカットや、②米長期金利上昇に伴うドル高圧力(米利上げ前倒し観測→米金利急上昇→米ドル急騰→米ドルと逆相関関係にあるビットコインに下押し圧力)、③暗号資産取引所大手FTX社による前日のIPブロック・サプライズ(※その後回復するも懸念は拭えず)、④バイデン米政権による暗号資産を巡る税務報告義務化の思惑、⑤中国当局による暗号資産マイニングの取り締まり強化報道(国家発展改革委員会は記者会見で、ビットコイン・マイニングの取り締まり強化を計画していることを発表。従わない場合は懲罰措置の導入も検討)、⑥本邦財務省による暗号資産を外為法上の資本取引規制の対象に加えるとの方針発表、⑦テクニカル的な地合いの弱さが重石となり、米国時間朝方にかけて、安値672.5万円まで下落しました。もっとも、11/16に記録した直近安値671.2万円をバックに下げ渋ると、ショートカバー主導で持ち直し、本稿執筆時点(日本時間11/18午前4時45分現在)では、687.7万円前後で推移しております。

本日の見通し

ビットコイン円相場は上値の重い展開が継続中です。11/10に記録した史上最高値779.0万円から僅か1週間で100.0万円超の値幅で下落しており、高値掴みで苦しむ投資家のロング・ポジションを振るい落とすチャレンジが続いております。①ローソク足が主要チャートポイント(一目均衡表転換線や基準線、21日移動平均線やボリンジャーミッドバンド)を下抜けしたこと、②ローソク足が主要な節目(対円の心理的節目700.0万円や、対ドルの心理的節目60000ドル)を下抜けしたこと、③遅行線の26日前のローソク足接触を経て強い買いシグナルを示唆する三役好転が終了したこと、④10/20高値と11/10高値を起点としたダブルトップ成立が警戒されていること、⑤オシレータ系インジケータのRSIにダイバージェンスが発生したなどを踏まえると、テクニカル的に見て、地合いは弱い(ダウンサイドリスクに引き続き警戒)と判断できます。

ビットコイン現物ETFのSEC承認期待(ビットコイン先物ETFに続いてビットコイン現物ETFが承認されるとの期待感)や、米企業・米政府による暗号資産に係るポジティブ発言、インフレヘッジ目的としてのビットコイン保有需要の高まりなど、ファンダメンタルズ的な好材料は残っているものの、やや新味に欠ける材料でもあるため(賞味期限が切れつつある為)、ビットコイン相場を押し上げるには至らないと判断できます。むしろ、足元では米金利上昇に伴うドル高圧力や、それに伴う米主要株価指数の下押し圧力、中国による規制強化報道や、米国による暗号資産税務報告義務化の可能性、ツイッター社CFOによる暗号資産を会社として保有しないとの発言や、SECによる先日のVanEckビットコイン現物ETF却下が重石になると見られ、ビットコインには引き続き下落圧力が加わり続けるものと推察されます。以上を踏まえ、当方では引き続き、ビットコイン円相場の短期的な下落をメインシナリオとして予想いたします(10/28に記録した直近安値662.0万円の下方ブレイクを試すシナリオを想定)。

本日の予想レンジ:640.0万円ー710.0万円

注:ポイント要約は編集部

ビットコイン円、上値の重い展開が継続。テクニカル的にも続落リスクを示唆

ビットコイン円日足

関連記事

ページトップへ戻る