仮想通貨(暗号資産)週報「下降トレンドへ転換、もう一段の下押しか」(11月第3週)

7万ドルの大台目前で切り返したことで短期的にはどこまで押すのかを気にする展開となってきました。

仮想通貨(暗号資産)週報「下降トレンドへ転換、もう一段の下押しか」(11月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

10日に史上最高値をつけて以降はやや上値が重たい展開となっていましたが、今週に入り米国での仮想通貨(暗号資産)に関する税務報告義務導入を嫌気した売りが16日に出て、そこからは上昇ウェッジ(ピンク)の下抜け、ダブルトップのネックライン(ピンクの点線)下抜けと、テクニカルな売りが主導しての下げとなっています。
7万ドルの大台目前で切り返したことで短期的にはどこまで押すのかを気にする展開となってきました。4時間足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートで示した各ラインに加え、9月安値と11月高値とのフィボナッチ・リトレースメントを表示してあります。38.2%押しとネックライン(ピンクの点線)がほぼ同水準で下抜けてきていることから現在は半値押しの54293ドルをターゲットに調整の下げが続いていると見ることが出来るでしょう。
上値は6万ドルの大台近辺でもみあってから下げてきていることを考えると、6万ドル超えでは戻り売りが出やすいと考えられます。来週は54000ドルをサポートに、61000ドルをレジスタンスとする一週間を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
記事ではなく日経新聞社が開催するイベントの案内です。本日19日(金)18:00から掲題のタイトルで日経新聞の編集委員が日銀でデジタル通貨プロジェクトを指揮する奥野審議役にインタビューするものです。
日経新聞ではさまざまなイベントも開催していますが、今回のイベントは第3回グローバルテックライブで以下のようなプログラムが掲載されています。(ちなみに1回目は量子コンピュータ、2回目はmRNAワクチンでした)
・デジタル通貨とは何か
・日銀の戦略を聞く
・デジタル通貨の可能性
参加費用は2000円と書いてありますが、日経電子版の有料会員であれば無料となっていますので、デジタル円の今後を知るには良い機会だと思います。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
これまでのSECの発言から予想されたことではありますが、ヴァンエックが申請していたビットコイン現物ETF上場を認めないと12日に発表しました。
先物市場は規制当局の厳しい監視下にあるいっぽうで、現物市場は価格操作や詐欺から投資家を守る仕組みが不十分とのことによる判断です。これまでもSECは全てのビットコイン現物ETFを却下してきましたが、10月以降複数のビットコイン先物ETFが承認された直後のビットコイン現物ETF却下により、SECとしては明確に先物市場と現物市場の対応を分けたこととなります。
今後登場するETFはしばらく先物連動ETFのみとなりますが、先物市場の規模を考えると急速に大きくなっていくとも考えにくく、このあたりもSECの判断の根拠となっている感じがします。

今週のコラム「仮想通貨インデックスの1000」

先週のコラムの続編となります。

先週取り上げた勝手インデックスである仮想通貨インデックスの1000には注意しておいた方が良いことを書きましたが、ザラバベースで1000の大台がサポートなっていたところに16日の下げで1000の大台を割り込んできました。

このあたりの動きは仮想通貨インデックスの1時間足チャートに1000の水準にグレーの水平線を引いてありますのでよくわかるかと思います。

インデックスの日足チャートをもう一度見てみましょう。

今週のコラム「仮想通貨インデックスの1000」

インデックスの最近の目立つ安値と高値は9月11日安値638.33と11月6日高値1056.97となっています。これら2つの数値からフィボナッチ・リトレースメントによる押しのターゲットを計算すると以下のようになります。

 半値押し 847.65
 61.8%押し 798.25
 78.6%(61.8%の平方根)押し 737.13

本日9時現在のインデックスは881.45ですから少なくとも半値押しは見そうですし、61.8%押しに近い800はターゲットとなりそうな水準です。ここから9%程度の下げになりますので、個別のビットコインやアルトコインとは異なりますが、参考にしても良いと思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る