仮想通貨大幅続落も、SEC新コミッショナーに期待(9/7)

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインを中心に全体的に大幅続落となりました。

関連通貨:

仮想通貨大幅続落も、SEC新コミッショナーに期待(9/7)

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6462.8ドル(-10.73%)
イーサリアム:225.82ドル(-17.72%)
リップル:0.29907ドル(-10.45%)
ビットコインキャッシュ:508.33ドル(-18.81%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインを中心に全体的に大幅続落となりました。ゴールドマンサックスの取引デスク開設計画を当面棚上げしたことを受けた下落の流れが継続している状況です。ただ、これに関しては事前に計画が漏れていたといったうわさが流れています。また、ETFが否決されると取られるような記事が流れたことに自動売買ソフトが反応したといった話や、価格操作の可能性なども指摘されています。現状ではうわさの範疇であり、はっきりとしたことはやぶの中ですが、市場が動揺している中で先行きに対する見通しが立てにくい状況が続いています。

ETFに関しては近い段階での承認は難しいのではないかといった見方も根強いものの、少なくとも来年には承認されるといった予想が多いように思われます。また、昨日も指摘した通りゴールドマンサックスの件は積極的に売り込むような材料ではないと考えています。目先の動きに関しては狼狽売りやロスカットなどもあるため売り圧力がさらに強まる可能性はありますが、落ち着いてくれば買い戻しの動きが意識される可能性は十分にあるとみています。

さて、エラッド・ロイズマン氏がトランプ大統領指名のSEC新コミッショナーとして米議会上院によって承認されるといったニュースが入ってきています。これによりビットコインETF承認が前進するのではないかといった思惑が出ています。現状でビットコインETFに賛成しているのは『クリプトママ』とも呼ばれているへスター・ピアース氏です。しかし、現状で積極的に賛成しているのがへスター・ピアース氏のみだったことで否決されているといった流れとなっていました。そこにエラッド・ロイズマン氏が参加することで潮目が変わるのではないかとみられています。エラッド・ロイズマン氏はへスター・ピアース氏と同じ共和党員であり、考えも近いとみられています。ETF承認に対する期待感が高まる可能性は十分にありそうです。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、上昇基調から一転して調整の動きが入っています。昨日の段階では割り込んでいなかった日足のボリンジャーバンドの中心線を割り込んでおり、バンドの-2σが下値のめどとなりそうです。価格としては6130ドル前後の水準です。一方、押し戻した場合はバンドの中心線である6800ドルが節目となるでしょう。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σを意識した動きから調整が入り、バンドの中心線を抜けて一気にバンドの-2σを目指す展開となっています。このまま下落する可能性も十分にあるので注意が必要です。現状は-1σを意識しており、ここで支えられる可能性もないわけではありませんが、バンドの中心線を下抜けており警戒感が強まります。バンドの-2σは8月中旬にも意識された水準であり、このあたりで支えられないと年初来安値水準も視野に入りそうです。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dともに下落しています。デットクロスからの下落であり、売り優勢の流れとなっています。このまま下落基調を維持すれば売りの流れが継続されるものと思われます。問題は%Kが下値圏に入ってきていることで、持ち直すかどうかに注目といったところでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σをブレイクし、そのままバンドウォークが展開されています。バンドの+2σも上昇基調を強め、バンド幅の拡大を伴いながらの推移となりました。ここにきてバンドの+2σが下落に転じ、調整の買い戻しが意識されるようになってきています。ただ、バンドの±2σが下落しており、トレンドそのものはまだ下向きです。調整の動きが一服した場合、再度売り圧力に抑えられる可能性はありそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが持ち直しています。ただ上昇の勢いは弱く、さらに%Kは腰折れ気配です。上値の重さが意識されやすい状況であり、積極的に押し目買いを仕掛けにくい局面となっています。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7780ドル:6月3日の高値水準
7500ドル:7月20日前後の水準
7470ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
7000ドル:心理的な節目
6800ドル:7月上旬の高値水準
6800ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

6460ドル:現在値

6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6130ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値

関連記事

ページトップへ戻る