イニエスタと大谷翔平の違いは、暗号資産交換所のお行儀の良さ(21/11/30)

スペインサッカー界の至宝であるアンドレス・イニエスタ選手(ヴィッセル神戸所属)が、スペイン証券投資委員会(CNMV)から暗号資産に関する忠告を受けた。

関連通貨:

イニエスタと大谷翔平の違いは、暗号資産交換所のお行儀の良さ(21/11/30)

イニエスタと大谷翔平の違いは、暗号資産交換所のお行儀の良さ

○イニエスタ選手、金融当局から忠告を受ける

スペインサッカー界の至宝であるアンドレス・イニエスタ選手(ヴィッセル神戸所属)が、スペイン証券投資委員会(CNMV)から暗号資産に関する忠告を受けた。事の発端はイニエスタ選手がTwitter上で、大手暗号資産交換所バイナンスのPC及びスマホ画面とイニエスタ選手が写った3枚の写真と、
「I’m learning how to get started with crypto with @binance #BinanceForAll(私はバイナンスで暗号資産のやり方の勉強を始めた)」
という文言をアップした。

スペイン当局のCNMVは、この投稿に対して、
「バイナンスさん、アンドレス(イニエスタ選手を指す)さん、こんにちは。「CNMVとスペイン銀行の共同声明投資としての暗号通貨のリスク」といった声明(CNMVのリリース「Comunicado conjunto de la CNMV y del Banco de España sobre elriesgo de las criptomonedas como inversión」)を読むことをお奨めします」
「投資を行うことや他人に投資を勧める前にまず自分自身がリスクを理解してください」
といった2つのコメントをイニエスタ選手に返している。厳しく怒っているという表現ではなく「忠告」というレベルに感じるが、スペイン当局が速やかに指摘した背景を考察したい。

○暗号資産に対するスペインを含む欧州当局の考え

欧州連合(EU)は、2020年9月24日に「暗号資産規制の法案(「EU 法案」)を公表し、暗号資産(暗号資産の発行体)や暗号資産交換業者の法的取り扱いを明確化した。法案では、「ステーブルコイン以外の暗号資産」「ステーブルコインA」「ステーブルコインB」の3種類に分け、それぞれに厳しい開示資料を示している。翌2021年には、暗号資産の送金も厳格化したほか、同年3月には、欧州証券市場監督機構(ESMA)が発表した「トレンド、リスク、脆弱性レポート」のなかで「一部の暗号資産は極めてリスクが高く、投機的である」と警告している。こうした流れを見ただけでも、欧州当局による暗号資産に対する厳しい姿勢は窺える。EUに所属しているCNMVとしては、この流れを踏襲するのは当然である。

○イニエスタという強烈なインフルエンサー

スペインサッカー界の至宝イニエスタ選手のTwitterのフォロワー数は2524.1万人おり、影響力が大きいことは明白である(2021年11月末時点で最もフォロワー数が多いのはバラク・オバマ氏の1.3億人)。サッカー以外のTwitter投稿がほとんど無いイニエスタ選手が、突然、暗号資産に関するツイートを行っていることからインパクトはより大きい。バイナンスのハッシュタグをTwitter投稿で使用していることも考慮すると、この投稿が「広告」と捉えられる可能性は大きい。契約の有無は明確ではないが、CNMVが「世界的なインフルエンサーによる広告」と捉える要素は十分だ。

○一番の理由は無法者バイナンスの存在

世界最大手の暗号資産交換業者のバイナンスに対する風当たりは非常に強い。今年6月頃から、日本を含めた世界各国・地域の金融当局からの警告が相次ぎ、バイナンスは本人確認手続き(KYC)の強化及び、展開する国・地域でのライセンス取得、レバレッジ引き下げなど恭順の姿勢を示している。10月には、アイルランドで法人登録を行ったと報じられたが、確認はできていない。つまり金融当局目線で最も警戒すべき暗号資産交換業者であるバイナンスを取り上げたことが最も影響が大きかったと考えられる。

以上、3つの観点が今回のポイントと考えるが、メジャーリーガー大谷翔平選手が、暗号資産交換所FTXのグローバル・アンバサダーに就任した時とは大きな違いだ。FTXもバイナンス同様、大手暗号資産交換所の一つであるが、既に米国、キューバ、イラン、アフガニスタン、シリア、北朝鮮などの居住者に対してサービスを提供しておらず、最近、日本もそのリストに入れている。これは各国のライセンス及びマネー・ローンダリングなどを意識した対応と見られる。つまり、メジャーリーグのオフィシャル・パートナーでもあるFTXは、バイナンスと比較して「お行儀がいい」と位置付けられているのだろう。バイナンスをチョイスしたイニエスタ氏のマネージャーの責任か?

関連記事

ページトップへ戻る