ゴールドマンの仮想通貨に対するスタンスは(9/7)

昨晩は仮想通貨は若干反発しています。過去24時間でビットコインは対ドルで0.68%ほど上昇しています。

関連通貨:

ゴールドマンの仮想通貨に対するスタンスは(9/7)

ゴールドマンの仮想通貨に対するスタンスは

昨晩はトランプ大統領が日本との貿易問題に言及したことでドル円が下落しドル安となり仮想通貨は若干反発しています。過去24時間でビットコインは対ドルで0.68%ほど上昇しています。

昨日はゴールドマン・サックスの仮想通貨のトレーディングデスク開設が延期になったことが仮想通貨下落の材料になったのでは書きました。
ゴールドマン・サックスCFO(最高財務責任者)でありマーチン・チャべス氏は、サンフランシスコで開催されているテックランチ・ディスラプト・カンファレンスで講演し、ゴールドマン・サックスの仮想通貨事業に関して述べました。

チャべス氏は、もともとゴールドマンが仮想通貨のマーケットメーキングを行うトレーディングデスクを開設するというニュース自体がフェーク・ニュースだと述べました。しかしビットコインのデリバティブの開発を進めていくと発言しました。
ビットコインのボラティリティの高さ、安全性や、資産の保全に関してはゴールドマンのような伝統的な金融機関にとってはハードルになっていると述べました。

ゴールドマンの仮想通貨に対するスタンスは

チャートはBTC/JPYの時間足です。6日に699000円と一時70万円を割れた後は、734000円まで反発し、このレンジで推移しています。
ボリンジャー・バンドの2シグマのラインが708000~72万円とマーケットは膠着しています。
どちらかにブレークするのではないかと思われますが、再度70万円割れとなった場合は8月14日の安値66万円付近がポイントになります。
上値の目処としては、反発した734000円付近、そこを抜けると77万円付近への反発と思われます。

関連記事

ページトップへ戻る