仮想通貨(暗号資産)週報「変異株の影響で上値が重たいもみあいを継続」(12月第1週)

先週と同じ考え方ですが「地合いとしては引き続きもみあいを続けやすいものの上値は重たいという流れ」を考えます。

仮想通貨(暗号資産)週報「変異株の影響で上値が重たいもみあいを継続」(12月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

先週執筆時点では「新型コロナの変異株はワクチンの効果が無いとの見方もあり、株式市場は今朝大きく下げる展開となっていますが、こうしたリスクオフの動きはビットコインにも基本的に悪材料とされやすい」としたものの、今週のトピックスで取り上げますが、ビットコインへの悪影響はかなり少なかったことは逆に驚きではあります。
しかし、オミクロン株については変異株自体がどのようなものかがよくわからない中で各国は人の移動の制限を再開する方向で動いています。今後の景気減速懸念を考えるとビットコインでも積極的に買う材料とはならないことはたしかでしょう。先週と同じ考え方ですが「地合いとしては引き続きもみあいを続けやすいものの上値は重たいという流れ」を考えます。4時間足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

4時間足で見ると直近ではダブルボトムを形成後にトリプルトップを形成中に見えますが、更に大きな視点で見ると先々週からの下げに対して先週から今週にかけて底打ちをしているようにも見えます。その場合ネックラインは先週の高値となり、同水準を明確に上抜けるようであれば反転上昇の可能性が出てきますが、そうでないと横ばいもみあいという流れに落ち着きそうです。
日足にも書いた通りで、まだ何が起きるのかが不透明な状況ではどちらかというと戻り売りが出やすいと見られ、ここ2週間のレンジを中心としたもみあいを継続というシナリオを考えています。
更にもう一週間もみあい継続を考え、来週は54000ドルをサポートに、59000ドルをレジスタンスとする一週間を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
先週のニュースですが、先週取り上げられなかったので、今週に回しました。国内のニュースとしては比較的良い流れのビッグニュースだと思いますが、メガバンク、NTTグループなど74社が参加して2022年後半にデジタル通貨を実用化するそうです。24時間取引と即時決済を既存のシステムを使わないことで企業の決済・送金コストが下がる見込みとのことですが、ここで儲けは考えず信じられないレベルでコストを引き下げるくらいの決断は必要でしょう。
日本の場合、様々な分野で高コスト体質が染みついていますので、ここで一気にその体質も変えていくくらいでないと世界から遅れるいっぽうです。ようやくブロックチェーン技術が公的に利用できるステーブルコインとして普及する足掛かりが始まるようですから、CBDC(円)との連携や主要国CBDCとの交換なども視野に入れて動くことを期待したいですね。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
先週の金曜早朝に新たな変異株オミクロン株が南アフリカで見つかったとのニュースにNYダウは一時1000ドルを超える今年最大の下げ幅を演じ、その後は上下しながらも金曜安値を大きく下回る取引も見られました。いっぽうでビットコインは先週金曜こそ大幅安となりましたが、その後下げ幅を全て取り戻した後にやや上値が重い動きとなっています。
ビットコインと株価(特に米国株)との相関を振り返ると、当初はまったく相関が無い状況だったものの、資産としての認知度が高まると同時に株価との相関が高まりました。最近でも基本的に投資スタンスがリスクオンか、リスクオフかという観点が続いていますが、その相関は再び低くなり、デジタルゴールドとして避難資産という面も強まってきています。
この記事はそうしたことについて、機関投資家による長期投資がビットコインの底堅さに影響したと分析しています。実際に先週の下げ局面でもそうした投資家による買い下がりのオーダーが目立っていたそうです。

今週のコラム「リスクオフでの金とビットコイン」

リスクオフ下で今回は金とビットコインがどう動くのかを見ていました。NYダウ、ドル建て金、ビットコインの3つを60分足チャートで並べて見てみましょう。

今週のコラム「リスクオフでの金とビットコイン」

上から、NYダウ、金、ビットコインですが、ビットコインの土日取引部分はグレーで網掛けしました。またNYダウと金は午前8時から翌午前7時までの23時間、ビットコインは午前9時から翌午前9時の24時間取引であることにも注意です。

こうして見ると、金曜の第1報では株とビットコインが下げ、金は上昇しました。この動きは典型的なリスクオフの動きです。その後NYダウは上下しながらも上値が重たい動きをしましたが、金もまた上値が重い動きでした。あえて解釈するならば、当初の買いに対してポジション調整の売りが出たこと、その金を売ってデジタルゴールドであるビットコインを買ったという可能性はありそうです。

ただ、○○ショックと言われるような大きなリスクオフでは、今でも古典的な動きが最初に起こるということは変わっていないように思えます。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る