仮想通貨(暗号資産)来年に大幅調整?(21/12/09)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引はビットコインが続伸しての推移です。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)来年に大幅調整?(21/12/09)

仮想通貨(暗号資産)来年に大幅調整?

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:50693.3ドル(+0.53%)
イーサリアム:4406.24ドル(+2.90%)
リップル:0.86728ドル(+6.67%)
ビットコインキャッシュ:480.4ドル(+1.50%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引はビットコインが続伸しての推移です。大きな動きにはなっていないものの、米株の持ち直しなどを眺めて底堅い動きが展開される格好となっています。ここまでの戻り基調が維持される形となっています。その他のコインもしっかりとした動きとなっており、リップルがやや上げ幅を拡大する流れとなっています。先週末の急落からの押し目買いの流れが続いていますが、目先はやや方向感の見えにくいところとなってきています。

さて、ナティクシス・インベストメント・マネージャーズの依頼で実施された機関投資家調査によると、仮想通貨(暗号資産)は2022年に大幅な調整に見舞われるトップ候補であるとみられているようです。そして、調査対象となった機関の75%近くが仮想通貨(暗号資産)は大半の個人投資家にとって適切な投資先ではないと答えています。

その一方で、28%が仮想通貨(暗号資産)に現在投資をしており、そのうちの約33%が2022年に仮想通貨(暗号資産)への配分を増やす計画であると答えています。調査回答者の運用資産は総額で約1400兆円規模であり、資金配分の変更はかなりのインパクトがありそうです。機関投資家の動向は仮想通貨(暗号資産)市場へも確実に大きな影響を与えていくことになるでしょう。そして、それにより仮想通貨(暗号資産)市場はその他の市場との連動性を高めていくのではないかとみています。

今回の調査で多くの機関投資家が2022年の仮想通貨(暗号資産)市場に大きな調整局面が訪れると予想しているわけですが、これを額面通りに受け取るべきかどうかは冷静に検討すべきものではないかと考えています。もちろん、米国の金融政策における早期利上げ観測の高まりや、米株への調整の懸念などから仮想通貨(暗号資産)市場に大きな調整が入る可能性は十分にあるかと思っています。

ただ、現状ではまだ一部とはいえ、仮想通貨(暗号資産)への資金配分を増やすことを考えているわけで、出来れば安い水準で買いたいといった思惑があることは事実でしょう。つまり、下落してくれた方が都合が良いわけです。予想と称して願望を語っている可能性が十分にあるため、こういった話においてはポジショントークではないかとまずは疑うべきでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のバンドの-2σである48560ドル前後の水準から持ち直して中心線である55240ドル前後の水準を目指す形となっています。底堅い動きではあるものの、まだ50000ドルを挟んでの動きであり、上値の重さも意識されています。まずは50000ドルでしっかりと支えられるかどうかがポイントとなりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから持ち直しての動きです。底堅い動きが展開されているものの、上値の重い流れでもあり、目先は方向感が見えにくくなっています。まだ買い戻しの動きが意識されるところであり、バンドの中心線まで持ち直す可能性はありそうです。ただ、バンドの±2σが下落する流れとなっていることから、トレンドそのものが下向きであり、再度バンドの-2σまで下落する可能性が高そうです。

またストキャスティクスを見ると、%Kが持ち直し基調一服から横ばいでの推移となる一方、%Dがじり高基調を維持しています。底堅い動きは維持されているところですが、やや方向感の見えにくい状況です。目先は%Kの方向感に注意しながらの対応となりそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σから調整の動きが入り、目先は中心線を挟んでの動きとなっています。バンド幅が縮小傾向となっており、市場にはエネルギーが蓄積されてきていますが、方向感の見えにくいところであり、狭いレンジでの動きが継続する可能性はありそうです。様子見ムードが強まっていますがバンドの+2σもしくは-2σでの動きには注意が必要でしょう。

ストキャスティクスで見ると%Kが下落基調、%Dが持ち直し基調となっています。細かい上げ下げを繰り返しており、方向感の見えにくい状況が継続しています。方向感が出てくるまでは様子見ムードといった状況となっています。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

68990ドル:史上最高値
64780ドル:2021年1-6月の高値
61910ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
60000ドル:心理的な節目
55240ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
51200ドル:昨日の高値

50690ドル:現在値

50000ドル:心理的な節目
48700ドル:昨日の安値
48560ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
28200ドル:2021年1-6月の安値

(注)上記の仮想通貨(暗号資産)の価格に関しましては注釈がない限りInvesting.com社のデータを参照しております。

関連記事

ページトップへ戻る