仮想通貨週刊レポート 改めて下値トライしやすい週(9月第1週)

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。

関連通貨:

仮想通貨週刊レポート 改めて下値トライしやすい週(9月第1週)

改めて下値トライしやすい週

今週の仮想通貨レンジ

時価総額が大きい4つの仮想通貨の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

改めて下値トライしやすい週

Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

改めて下値トライしやすい週 2枚目の画像

上記のチャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

BTC/USD日足

BTC/USD日足

この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

BTC/USD4時間足

BTC/USD4時間足

日足チャートにおける各ラインをそのまま表示していますが、4時間足では8月安値からの上昇チャンネル(ピンクの平行線)の中での動きを5日の急落でブレークした様子がよくわかります。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)
6月以降の日足チャートですが、パッと見ても上下ともに決まった感があるチャートとなっています。今週は5日のゴードルマンによる発言でビットコインは当日高値の7396ドルから6300ドルまで1000ドルを超える急落を見せました。率にすると15%近い下落率ですが、同程度の陰線はビットコインでは珍しくありません。

しかし、7月高値8483ドルから8月安値5870ドルまでの61.8%戻しにあたる7484ドル近辺で下落に転じたことで、現状は下値を探りやすい地合いに転じてきたと考えざるを得ません。そうなると8月安値から急落直前高値7410ドルの上げに対して、どこまで下げるかですが既に61.8%押しは達成し、78.6%(61.8%の平方根)押しの6200ドルから更には全値押しの5870ドルをも視野に入れていると言えるでしょう。

*来週の見通し(4時間足)
4時間足では8月安値からの上昇チャンネル(ピンクの平行線)の中での動きを5日の急落でブレークした様子がよくわかります。またこうした急落では大きな陰線の間に継続バターンとなるフラッグ、ペナントといったもみあいを挟むことが多いのですが、均衡表の雲の中の迷い気味の動き、そして安値以降の上昇と、後者も継続パターンの候補と言え、その場合は先に示した2つの青のターゲット、あるいは大台6000ドルを視野に入れる展開と言えます。

いっぽうで戻しが入る場合のターゲットですが、急落前の高値と急落後の安値に対する半値戻しにあたる6855ドルを戻しの限界点としながら、当面は38.2%戻しの6724ドル(ピンクのターゲット)を戻り高値としやすい流れと考えています。来週は大台6000ドルをサポートに、6700ドルをレジスタンスと改めて下値をトライしやすい一週間を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週も個人的に気になったニュースを国内と海外から1つずつ取り上げます。

5日(水)
*ニュース
GMOコインのニュースリリースによると「2018年9月5日より、ビットコインの取引所サービスの提供を開始」、「取引所サービスとは、ビットコインの現物取引、レバレッジ取引を板形式でお取引いただくことができるサービス」、「既存のサービスのような2wayプライス方式ではなく、ご注文されている数量等がすべて板情報として表示」とあります。

*筆者コメント
通常の仮想通貨取引では業者が2ウェイプライス(Bid-Ask)を出しています。これはFXで言うならば、業者のDD(ディーリングデスク)がマーケットメイカーとなり、その時点で適当と思われるレートを出していますので、顧客は相対で取引を行っていることとなります。

いっぽうで、仮想通貨にはインターバンク市場というのは存在しませんので、株取引と同様に市場に参加する投資家がそれぞれ買いたい価格(Bidの板)と売りたい価格(Askの板)を取引所に提示するオークション方式です。

どちらがいいか悪いかというと、もしマーケットに厚みがあるならばオークション方式がいいのですが、仮想通貨はマーケットが薄くオークション方式の場合、取引したいけど出来ないと言ったことも起こりうるかもしれません。取引参加者の増加がすべてと言ってよいため、今後の動向を見守りたいところです。本来的にはCMEのビットコイン先物のように、JPXのような公設市場で行われればベストと言えるでしょう。

5日(水)・7日(金)
*ニュース
5日にビットコインをはじめ仮想通貨市場が急落に見舞われましたが、これは「ゴールドマン・サックス・グループは仮想通貨取引デスク開設の計画を当面棚上げ」という報道を嫌気した売りが集中したことによるものです。同日のブルームバーグによると「ゴールドマンは仮想通貨取引デスクに関する計画の優先順位を下げた」と「事情に詳しい関係者のが話を基に」と報じています。

*筆者コメント
さすがゴールドマン、仮想通貨市場でも影響力は大です。しかし、ゴールドマンのことですから、先に売っておいて下がったところで買い戻したのでは?と市場操作っぽい印象を受けたのですが、本日7日にゴールドマンのCFOが「I really have to describe that news as fake news」(同ニュースはフェイクニュースだと述べておく必要があるとし、「bank is working on bitcoin derivative for clients(我々は顧客へのビットコイン・デリバティブ提供に動いている)」というタイトルのニュースでCNBCに出ています。すぐに正しい和訳のニュースが出ると思いますが、私には市場操作のための発言としか思えません…

今週のコラム

「今後の仮想通貨取引所」

今後の仮想通貨取引所と中途半端なタイトルですが、近未来などというよりはかなり近い将来ということでこのタイトルにしました。今週のトピックスで仮想通貨の板(オークション)取引というニュースを扱いましたが、FX市場の始まりからこれまでの動きを重ねると、来年の仮想通貨市場については業者がどのような取引プラットフォームを提供してくるかというのは、なんとなく見えて来る気がします。

個人向けのFX取引は1998年に始まりましたので今年で20年がたちますが、初期は誰でもFX業者になることが出来ました。そして、その後に登録制となり業者数は激減、さらに競争激化と当局による規制も重なり現在の状態にあるというのが、大きな流れです。

仮想通貨も、登録段階に来ていますが、みなし業者がなかなか登録できずに廃業あるいは大手に売却というのはまさにFX市場で見てきたところです。またスプレッドも当初のFXは10銭、20銭など当たり前の世界からスタートし、業者間でのアービトラージが可能な時期もありました。これは現在の仮想通貨業者ではまだ普通に起きています。

今後FXのように低スプレッド、取引システムの洗練化といったあたりは容易に想像がつきますが、板(オークション)取引が馴染むかどうかは未知数です。FXでも今はJPXですが大阪証券取引所時代に板方式のFXが提供されました。スタート当初は、株取引を提供する証券会社を中心に盛り上がりを見せましたが徐々に衰退。その後上場廃止扱いで大証FXは姿を消しました。

FXは元々インターバンク市場があり、また個人参加者も多かったことから流動性が高く、オークション方式の取引は広がらなかったと言えます。しかし、いまのFXは日本でこそDD(ディーリングデスク)を持つ業者が中心で、自らが相対でレート提供していますが、世界的には着実にNDD(ノンディーリングデスク)という市場直結型で業者が間に入らないスタイルが増えています。

さらに市場(インターバンク)直結(通常、STP、Straight Through Processingと呼ばれる)というだけでなく、ECN(Electronic Communications Network)と呼ばれる電子取引所スタイルが増え、インターバンクレートと個人の板とが合成されるスタイルもかなり増えてきています。これはFXの流動性の高さゆえ成り立つ方式とも言えます。

果たして、仮想通貨でこのECNと呼ばれるレベルにまで流動性が高まるかどうかは、現時点では難しそうと言わざるを得ませんが、今後大手の取引所やゴールドマンがどうかはわかりませんが金融機関も市場に参加して来れば、FXのように成熟した市場になることは可能です。今は全く未成熟な市場ですが、東京オリンピックが始めるまでにはある程度成熟した市場になっているのではないでしょうか。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る