急落するイーサリアムの先行きに対する思惑(9/10)

先週末の仮想通貨取引は、ビットコインが荒っぽい動きを見せ、日本円で一時70万円を割り込む急落を見せました。

関連通貨:

急落するイーサリアムの先行きに対する思惑(9/10)

急落するイーサリアムの先行きに対する思惑

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6388.9ドル(-1.16%)
イーサリアム:201.46ドル(-8.38%)
リップル:0.28360ドル(-2.55%)
ビットコインキャッシュ:488.67ドル(-3.99%)

【概況】

先週末の仮想通貨取引は、ビットコインが荒っぽい動きを見せ、日本円で一時70万円を割り込む急落を見せました。その後、下げ渋りから横ばいとなっていましたが、15分程度で2万円も押し戻し、往来相場となりました。今回の下げに関してはビットコインのアップデートに絡む思惑があったとみられています。アップデートに関しては上げ材料となることも多いのですが、うわさで買って真実で売るといった流れとなったようです。

さて、ICO絡みで下げが止まらないイーサリアムですが、ICOの運営が直近1か月で約20万イーサリアムを売却していた、といった報道が入っています。イーサリアムに関してはICOブームで値を伸ばしましたが、下落に弾みがつくとICOの運営から投げ売りが出やすい特徴があります。最近のイーサリアムの下落はこういった流れに沿ったものであり、ビットコインなどに比べて下げ幅が大きくなりやすい局面ということができるでしょう。

しかし、その一方でアメリカの証券会社が行ったアンケートによると、仮想通貨保有者の半数以上が今後1年間の間に保有量を増やす計画をしているようです。また、上記の通り苦境に立たされているイーサリアムが最も成功する通貨と予想しており、イーサリアムに対する根強い人気が浮き彫りとなりました。このアンケートでは目先の動きとしては警戒感がぬぐえないものの、中長期的には仮想通貨やブロックチェーン技術に対する強気の見方を維持する投資家が多いことが示されています。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、上昇基調から一転して調整が入っています。ボリンジャーバンドの日足の中心線を抜けて-2σを目指す動きが展開されていましたが、-2σにはあと一歩のところで届かずに持ち直しています。このまま持ち直し基調が継続すればバンドの中心線である6790ドル前後の水準が意識されるでしょう。逆に持ち直し基調が弱まった場合はバンドの-2σである6110ドル前後が節目となりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σを目指す動きから持ち直し、バンドの中心線が目標となっています。バンドの±2σはほぼ横ばいであり、レンジ圏を推移する可能性が高まっています。大きな方向感は見えにくい形であり、現状ではバンドの中心線と-2σで挟まれた価格帯が意識されるのではないでしょうか。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dともに下落して下値圏に入っています。ただ、ここにきて持ち直しの気配を見せており、このまま上昇基調を継続することができるかがポイントとなっています。特に%Dが持ち直せば一時的には買い圧力が強まるでしょう。ストキャスティクスの持ち直しとボリンジャーバンドの形から考えると、バンドの中心線までは一時的に上昇するのではないかとみています。

今日は月曜日ですので、週足を見ていこうと思います。

ビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線が意識されているのがわかります。今回も週足の中心線である7140ドル前後の水準を試したものの、そこで抑えられて下落しています。上値の重さが意識される一方で-1σ前後の水準では支えられています。バンド幅も縮小傾向となっており、市場には徐々にエネルギーが蓄積されてきています。動き出したら大きなものとなる可能性はありそうで、バンドの±2σでの動きには注意が必要でしょう。

ストキャスティクスで見ると%Kが持ち直す一方、%Dが下落しています。狭いレンジでの動きとなっているためストキャスティクスの方向感がはっきりせず、あまり機能していない状況です。方向感がはっきりするまでは様子見ムードが強まるのではないでしょうか。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7780ドル:6月3日の高値水準
7500ドル:7月20日前後の水準
7480ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
7000ドル:心理的な節目
6800ドル:7月上旬の高値水準
6790ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

6390ドル:現在値

6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6110ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値

関連記事

ページトップへ戻る