ビットコインドル日足分析(18/3/28)

米国の仕掛けた貿易戦争は、対中国では対米投資制限という話にまで広がり株式市場は売りで反応しています。

関連通貨:

ビットコインドル日足分析(18/3/28)

ビットコインドル日足分析

米国の仕掛けた貿易戦争は、対中国では対米投資制限という話にまで広がり株式市場は売りで反応しています。直近のNYダウ先物は2月につけた年初来安値にかなり近づいていますし、ドル円も金曜には104.64の年初来安値をつけました。全体としてリスクオフの流れと言えますが、こうしたリスクオフの動きはビットコインも例外ではありません。

現在は昨年12月を起点とした下降チャンネルの中で、明確な下げの動きを繰り返しています。日足チャートをごらんください。

ビットコインドル日足分析

ビットコインドル 日足

ピンクの太線で示した平行線が下降チャンネルですが、本日現在で3月安値7700にかなり近づいていて、目先はこの7700を割り込むと2月に見た年初来安値5980に向かう流れにあると考えられます。その手前では3月の月内で見られる逆N波動からいくつかのターゲット(ピンクの価格)がありますし、年初来安値の下には昨年の最高値を起点とした逆N波動から計算される4825(青の価格)があります。

米国の株式市場が下げ止まらない場合、ビットコインも後者の4825をターゲットとしやすい状況にあるということはビットコインのトレードをしている方は頭の片隅に入れておいたほうがよさそうです。

関連記事

ページトップへ戻る