ビットコインETNの取引が一時停止(9/11)

昨日の仮想通貨取引は、全体的に売り圧力が強まる展開となりました。

関連通貨:

ビットコインETNの取引が一時停止(9/11)

ビットコインETNの取引が一時停止

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6313.2ドル(-1.67%)
イーサリアム:196.35ドル(-5.58%)
リップル:0.26588ドル(-6.11%)
ビットコインキャッシュ:464.36ドル(-3.40%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、全体的に売り圧力が強まる展開となりました。SECがビットコインETN(指標連動証券)の取引を一時停止といった報道が嫌気されたようです。停止の理由に関してはETNの取引サイトなどでETF(上場投資信託)と誤解を与えるような記述をしており、市場参加者の混乱を招いたといったもののようです。ビットコインは対円で再度70万円を割り込む動きを見せており、先行きに対する警戒感が高まっています。

ETNとETFに関してですが、両者とも特定の指数への連動を目指す上場商品で、リアルタイムで売買が可能という共通点があります。違いとして、ETFは指数に連動するようにするために現物証券(ビットコインなど)を集めて指数連動する投資信託の受益証券を発行しますが、ETNは発行する金融機関の信用力を基にした証券を受託有価証券として発行したものとなります。つまり、ETNに関しては証券を裏付ける資産はなく、発行した金融機関が指数に連動した価格での償還・買取を保証することで指数との連動を確保することになります。

つまり、リスクに関してもETNは現物資産の裏付けがないため、発行している金融機関に対する信用リスクがある、ということになるわけです。償還の期限の有無などその他にも違いはありますが、ETNの取引サイトなどでETFと誤解を与えるような記述があったことを受けてSECが取引の一時停止に踏み切ったというわけです。こうした報道がビットコインに対する懸念を生じさせ、価格を押し下げたようです。今回は直接ETFとは関係ありませんが、ETF関連の話題に市場は神経質になっている所は否定できず、警戒感が高まる局面ということになりそうです。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、日足でバンドの-2σから持ち直し基調です。ここからどこまで戻せるのかに注目が集まりますが、目安としてはバンドの中心線である6780ドル前後といったところでしょうか。逆に下落した場合はバンドの-2σである6050ドルが節目として意識されそうです。バンド幅が比較的広く、市場にはエネルギーの蓄積があまり見られていないことから、レンジ圏での動きが展開されやすいのではないかとみています。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σから持ち直し基調となっています。バンドの中心線までは押し戻す可能性が高いのではないかとみています。中心線を抜けて上昇といった展開となればバンドの+2σである7500ドル前後の水準まで押し戻す流れとなるのではないでしょうか。ただ、バンドの中心線で抑えられる可能性も十分にありそうで、そういった動きとなった場合はバンドの-2σまで下落といった局面もありそうです。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dともに上昇に転じており、ゴールデンクロスが意識されています。このまま両方のラインが上昇ということになれば買い意欲が継続し、上値を拡大するでしょう。現状ゴールデンクロスが意識されていることを考えると上値拡大の動きを意識しておきたい状況です。まずはバンドの中心線を目指し、そこを突破できるかどうかで中長期的な流れを探るといったところではないでしょうか。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線が意識されているのがわかります。やや上値の重さが意識されていますが、大きな動きにはなっておらず、様子見ムードです。バンドの±2σは横ばいからじり安といった状況であり、目先は方向感の見えにくい展開が続くでしょう。バンドの+2σ、もしくは-2σのどちらに動いてもおかしくありませんが、バンドの中心線を上抜けることができない状況を考えると、バンドの-2σまで再度下落する可能性のほうが若干高いように思われるところです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが上昇しています。とはいえ、中立水準での動きであり、はっきりとした方向感は見えにくい局面です。%K、%Dはすぐに転換してもおかしくない状況であり、予断を抱くべきではないでしょう。はっきりとした動きを見せるまでは待つのも相場、ではないでしょうか。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7780ドル:6月3日の高値水準
7500ドル:7月20日前後の水準・ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
7000ドル:心理的な節目
6800ドル:7月上旬の高値水準
6780ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

6310ドル:現在値

6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6050ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値

関連記事

ページトップへ戻る