仮想通貨週刊レポート 買いが先行しやすいものの今もみあい継続か(9月第2週)

今週は前週に大きく下げた余波もあって動きは鈍いものの、ビットコインとしてはかなり狭いレンジであるため、ある程度の反発は考えて良さそうです。

関連通貨:

仮想通貨週刊レポート 買いが先行しやすいものの今もみあい継続か(9月第2週)

今週の仮想通貨レンジ

時価総額が大きい4つの仮想通貨の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨レンジ

Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイトTOPの右側メニューにある「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

先週も書いた通りですが、上下ともに決まった感があるチャートで、現状は6月安値と7月高値の間で次の動きを探る展開が続いています。7月高値8483ドルから8月安値5870ドルまでの61.8%戻しにあたる7484ドル近辺で下落に転じた後、今週は8月安値と9月高値7410ドルの78.6%(61.8%の平方根)押しを安値圏として反発しているのが金曜現在の水準です。

かろうじて前値押しの下げは見ずに反発しているものの、今週の値幅が狭いということはまだ戻ったところでは売りたい向きが多く残っていることの現れと言ってよさそうです。そうなると、今のこの上げが9月高値とここまでの安値6121ドルに対して、どの水準まで反発するのかを考えるということになるでしょう。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*来週の見通し(4時間足)

4時間足で直近3週間ほどの動きを示しています。先ほどの日足チャートにおける「9月高値とここまでの安値6121ドルに対して、どの水準まで反発するのかを考える」ラインをそのまま青色で表示していますが、今週は前週に大きく下げた余波もあって動きは鈍いものの、ビットコインとしてはかなり狭いレンジであるため、ある程度の反発は考えて良さそうです。

そうなるとフィボナッチリトレースメントの半値戻しにあたる6765ドルから61.8%戻しにあたる6917ドルが上値の目途となってくるでしょう。均衡表が好きな人でしたら半値戻しの水準と均衡表の雲の上限が重なっていることに注目するかもしれません。また安値圏で反発する際に三角もちあい(ピンク)を形成しその後に上げてきていることを考えると、抜けたレジスタンスはサポートとなりやすく、そのラインは現在6200ドル台後半を下降中です。来週はテクニカルに、過去のレジスタンス6250ドルをサポートに、半値戻しに近い6750ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

*来週の見通し(4時間足)

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週も個人的に気になったニュースを国内と海外から1つずつ取り上げます。

12日(水)
*ニュース
ソフトバンクのプレスリリースによると「ソフトバンクとシンクロノスおよびTBCASoftはメッセージサービスの国際標準規格であるRCSとブロックチェーン技術を活用した新しいモバイルペイメントサービスの概念実証を実施」(一部のみ抜粋)とあります。

*筆者コメント
ソフトバンクがモバイル端末で決済する技術を確立したというニュースですが、ブロックチェーンを使い仮想通貨ではなく法定通貨を決済する手段を提供するというところが重要なポイントだと思いますが色々と疑問もあります。同リリースでは「日本のユーザーが米国を旅行中、メール送信と同じような簡単な操作で、米ドルでの支払いができます」(一部抜粋)ということで、スマホにアプリを入れておけば現金を持たずとも…なのでしょうか、これは今後広がるのでしょうか?
どこまでメリットがあるのか私には正直なところわかりません。今でもiPhoneのメッセンジャーにはApple Payと連動した支払いなどがありますし、実際の支払でもApple Payをはじめ、かなり多くの決済手段は用意されています。隠れたコストやら色々と言い出したらキリは無いと思いますが、多くのユーザーは今あるもので困らないはずです。
ブロックチェーンの使い道として、おお!というものが登場して欲しいものです。

13日(木)
*ニュース
ビットコイン取引情報で有名なtwitter@BtcBlockBotにおいて、大口取引(3万BTC≒1億9千万ドル)のアラートが出ました。

*筆者コメント
ビットコインの取引はブロックチェーンを追うことで、誰とはわからないものの取引自体の透明性が高いため、大口取引があった場合は誰でも知ることが可能です。このtwitterはそうした取引を知らせるものですが、ビットコインとしてかなり大きな金額の取引が行われました。ブルームバーグの記事にもなっていましたが、9月の急落はゴールドマンの仮想通貨参入棚上げがきっかけであったものの、その裏で大口の売りが出たとの観測記事があり、こうした大口取引を気にする人が増えてきています。

しかし、昨日の動きを見ても上げているもののそれほど大きな動きに繋がっているとは思えず、大口取引といってもそれがどのようなものなのかで、かなり性質は異なってきます。仮にAさんからBさんに移ってもBさんが抱えていれば市場に与える影響はありません。逆にBさんが投げればこれは間違いなく下がる動きに繋がります。流動性が低そうな個別株とか仕手株で大口取引が行われたと考えるとイメージしやすいですね。
それにしても私としてはビットコインで2億ドル近い金額が動きということのほうが驚きです。まるで為替市場のインターバンク取引のようですね。

今週のコラム「ビットコインとイーサリアム」

今週はテクニカルのコメントにも書いた通りビットコインが底固めをして上がってきたという印象がありますが、各通貨を見て行くと方向性に違いがあります。毎朝更新している仮想通貨インデックスの1時間足チャートをご覧ください。

今週のコラム「ビットコインとイーサリアム」

左側にあるピンクの縦線が今週始値(日曜東京9時)で、その時点のレートと現在のレートを水色の矢印で結んでみました。上から順に見て行くとビットコインは上昇、ビットコインキャッシュは下降、イーサリアムは上昇、リップルはほぼ横ばいとなっていて、結果としてインデックスは上昇です。短期的には各仮想通貨によって動きに違いがあるんだな程度の認識で構いません。

次に仮想通貨インデックスの日足チャートです。

今週のコラム「ビットコインとイーサリアム」 2枚目の画像

こちらは今年5月の戻り高値とその後の高値を結んだレジスタンスラインを引いてあります。実際にはリップルは5月よりも前4月に高値をつけていますが、4月から引いても同じような感じなので全て5月高値から引いてあります。

その後のレジスタンスラインの接点となる高値は微妙に異なるもののビットコインとイーサリアムが似たようなラインとなり、ビットコインキャッシュとリップルが似たようなラインであることもわかります。1時間足の方向性でもそうでしたが、ビットコインとイーサリアムは似たような動きになりやすいということは最近の傾向と言えそうです。

いずれにしても中長期のレジスタンスラインを上抜けない限り本格的な反発は見込めませんので、ビットコインかイーサリアムがレジスタンスラインを上抜いてくると上昇反発、これら2つの上昇が鈍いと下降トレンドに回帰、そのようなイメージでいるとよいチャートに思えます。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る