USTの動向(22/05/13)

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが小幅に持ち直しての推移となっています。

関連通貨:

USTの動向(22/05/13)

USTの動向

主要暗号資産価格【日本時間6時】

ビットコイン:20600.9ドル(+0.70%)
イーサリアム:1926.08ドル(-5.50%)
リップル:0.38352ドル(+3.48%)
ビットコインキャッシュ:196.20ドル(+6.11%)

【概況】

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが小幅に持ち直しての推移となっています。上値の重さが意識される場面もありましたが、米株が引けにかけて下げ幅を縮小する展開となったことなどが意識され、ビットコインも持ち直す動きとなっています。その他のコインはイーサリアムが軟調地合いを維持する一方、急落していたリップルなどには買い戻しの動きも見られています。全体的には修正の動きが意識される状況ですが、先行きに対する懸念は根強いところとなっています。

さて、暗号資産市場は依然として大きく下落する展開となっています。先行きに対する警戒感が払しょくできず、売りの流れが強まる状況です。目先はややアルトコインに対する売りが目立っていますが、これはステーブルコインであるTerraUSD(UST)を巡る問題が市場の動揺を誘っていると言われています。USTは米ドルの価格に連動した価格変動の少ないステーブルコインではありますが、資産の裏付けのない無担保型のステーブルコインに分類されています。

USTはTerra(LUNA)という暗号資産とペッグさせる形で価格を維持していますが、LUNAの時価総額を超えてしまったことなどを受けて価格が急落し、ペッグが外れてしまうといった状況となっています。そして、それを維持するために準備金として購入していたビットコインを全額取引所へと移すといった流れとなっているようです。

今回の問題に関してはUSTの発行を行っている会社がUSTの裏付け資産としてまずは30億ドル相当を、長期的には100億円以上のビットコインを保有する計画としています。こうした動きにより落ち着いてくる可能性もありそうで、暗号資産市場全体にも好影響を与えることも考えられるでしょう。

その一方で、こういった動きを受けて当局からの規制がより強化される可能性も高まるでしょう。どういった展開となるのかは現状でははっきりしないところではありますが、ステーブルコインの選別化が進むのではないかと考えています。そして、それはステーブルコインに限らず、アルトコイン全体においても選別化が進むことになるのではないかと考えています。現段階では多くの暗号資産があるわけですが、その数も少なくなっていくのではないかとみています。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足の-2σである28990ドルをバンドウォークしており、下値を拡大する展開となっています。下落基調を維持した場合は下値のめどが見えにくいところですが、25000ドルや20000ドル前後が心理的な節目として意識されそうです。一方、押し戻した場合は30000ドルやバンドの中心線である36390ドル前後の水準が意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σをブレイクしてバンドウォークが展開されています。目先はバンドの+2σが上昇基調を維持しており、バンド幅の拡大を伴いながらのバンドウォークとなっています。ここからさらに下値を拡大する可能性もあるでしょう。安易な押し目買いはリスクがありそうです。バンドの+2σの方向感に注意しながらの対応となりそうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dは下値圏での推移を継続しています。ただ、目先は上昇基調へと転じており、これが下値圏から外れる動きとなるかどうかに注目です。仮に上昇基調が維持されて下値圏から外れるといった動きになった場合は一時的に持ち直す動きが意識されそうです。ただ、目先はまだ下値圏での動きであり、上値は重そうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから小幅に持ち直す動きとなりましたが、バンドの中心線には届かずに下落しています。バンドの±2σが下落基調を維持しており、トレンドそのものが下向きです。バンドの-2σと中心線で挟まれたレンジを動いており、下値を拡大しやすい状況となっています。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dは下値圏から持ち直しての動きとなっています。ただ、%Kは目先腰折れとなっており、このまま下落基調が強まった場合は売り優勢の局面となりそうです。%Dの上昇の勢いも落ちているだけに方向感に注意しておきたいところです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

68990ドル:史上最高値・2021年7-12月の高値
43800ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
40000ドル:心理的な節目
36390ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
30140ドル:昨日の高値
30000ドル:心理的な節目
28990ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準

28600ドル:現在値

26500ドル:昨日の安値
20000ドル:心理的な節目
29310ドル:2021年7-12月の安値

(注)上記の暗号資産の価格に関しましては注釈がない限りInvesting.com社のデータを参照しております。

関連記事

ページトップへ戻る