ビットコインは年初来安値を維持できるか(18/6/14)

ビットコインが今週5月安値を下抜けてから下げるペースを速めています。

関連通貨:

ビットコインは年初来安値を維持できるか(18/6/14)

ビットコインは年初来安値を維持できるか

ビットコインが今週5月安値を下抜けてから下げるペースを速めています。シカゴで取引されている対ドル価格では昨日6100ドルまで下げ終値ベースでは年初来安値を更新してきました。ザラバベースでは2月6日に5980ドルの安値をつけていますが、昨日安値からわずか120ドルとビットコインの変動率を考えるといつトライしてもおかしくない距離にあります。

しかもテクニカルにトライアングル(三角もちあい)を下抜けてきたこと、トライアングル形成前の動きが下げであったことから、チャートパターン的には下値不安が残るチャートパターンとなっています。週足チャートをご覧ください。ピンクのラインの部分がトライアングルです。

ビットコインは年初来安値を維持できるか

ビットコイン/ドル 週足

仮に5980ドルを下抜けるとサポートらしいサポートが見当たらず、昨年1月に1000ドルの大台に乗せて以降の押しと言える3つの安値程度しかありません。列記すると、11月安値5504、9月安値2768、7月安値1820となっています。5504ドルはそれほど距離も無いため、ターゲットとなりやすい水準と考えられます。しかし、その下となると昨年の上げが年初の1000ドルから12月の20000ドル超えとバブル相場であったため、驚くほど低く次は最初のターゲットの半値相当の2768ドルです。

さすがに2768ドルまで下げるとも思えませんが、5504ドルまで下げる動きとなってくると更なる不安が広がりそうです。また一部ではビットコインの動きは株価に先行するとの見方もあるため気になるところではあります。

関連記事

「暗号資産羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトは暗号資産およびブロックチェーンに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の暗号資産、金融商品等の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
暗号資産に関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各暗号資産交換業者等に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社は暗号資産取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各暗号資産交換業者等のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各暗号資産交換業者等との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、暗号資産取引等に伴うトラブル等の利用者・各暗号資産交換業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。また情報提供者自身が当該商品の自己ポジションを持って売買している場合があります。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、暗号資産羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る