暗号資産週報「安値更新失敗でもみあい継続」(7月第1週)

上値下値ともに今週のレンジをそのまま継続して見た方が良さそうです。

暗号資産週報「安値更新失敗でもみあい継続」(7月第1週)

今週の暗号資産レンジ

時価総額が大きい3つの暗号資産の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の暗号資産レンジ

Crypto Index=暗号資産インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「暗号資産分析情報」から「暗号資産インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の暗号資産レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週は日足に戻します。大きくは3月末の年始来高値から高値を切り下げているレジスタンスラインと6月安値の水平線とで挟まれたウェッジの中で下げを継続しています。月末に大きく下げたものの6月安値を下回らなかったことから目先の続落は避けられたと見られ、短期的には青のラインで示したペナント状のもみあいを継続しています。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

同じ色のラインを引いてありますが、4時間足で見てもペナントは値幅も狭く、上値下値ともに今週のレンジをそのまま継続して見た方が良さそうです。月間安値を下回らなかったことで現状では買い戻しが強まっていますが、今週の高値を上抜けるには新規の好材料が必要でしょうし、悪材料はある程度一巡したという見方です。
来週は18500ドルをサポートに、22000ドルをレジスタンスとする流れを考えておきます。

今週の主なトピックス

今週の暗号資産関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
暗号資産市場の下落が米国株市場の下落に影響していて、6月には暗号資産関連業者の業績悪化やヘッジファンドの債務不履行(下のトピックス参照)といった悪材料が株安に大きな影響を与えたとしています。
今年に入ってからS&P500とビットコインの値動きの相関係数は上昇していることにも言及していますが、これは機関投資家がビットコインにも投資を広げてきた中で、ビットコインをハイテク株のカテゴリーで売買してきたことが特に下落相場で相関を高めたとしています。
この暗号資産羅針盤が始まった頃にはまだ暗号資産はアセットクラスとして見てよいのかも疑問でしたし、米国株との相関もほとんど無かったことを考えると、隔世の感があります。どの金融市場もそうですが、規制の無いところから始まり、規制や資産の急激な収縮等を経て成熟していくものです。2017年の最初のバブル、2021年の2度目のバブルを経て、他の金融市場と同じ土俵に立てるかどうかは、ここからの関係者の努力にかかっていると思います。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
シンガポールの暗号資産ヘッジファンド・スリーアローズに対してバージン諸島の裁判所から清算命令が出されました。同社はレバレッジをかけた暗号資産の運用をしていましたが、最近の暗号資産市場大幅安の流れで大きな損失を出していて、取引先からも債務不履行の通知を受けていました。
昨日のビットコイン大幅安の動きもこのスリーアローズ清算の話から始まり、シンガポールの当局が同社が規制に違反したことに対する調査に入っていることが嫌気されたものです。他にも影響を受けての連鎖破綻や暗号資産で運用を行う他のファンドに対しても厳しい目が向けられ当面は暗号資産市場の上値を抑える要因となってきそうです。
ごく短期的にはエルサルバドルのビットコイン追加購入の話や売り仕掛けしていた短期筋の買い戻しから急速に値を戻しています。

今週のコラム「ビットコイン長期見通し」

今週は6月安値下抜けは避けられたものの、まだまだ上値も重く今後米国の利上げ加速から株式市場が下げるリスクがあることを考えるとビットコインも長期的な下値目途については考えておく必要がありますので、週足チャートとフィボナッチツールによる長期の下値目途を見ておきましょう。

今週のコラム「ビットコイン長期見通し」

コロナショック時の2020年安値と2021年史上最高値とのフィボナッチ・リトレースメントを赤のターゲットで示してありますが、78.6%(61.8%の平方根)押しと6月安値がほぼ一致したため、いったん下げ止まる動きにつながったというのがテクニカルな見方です。

ここから戻し切らずに再度下げ始める動きは史上最高値からの逆N波動(ピンク)を考え、フィボナッチ・エクスパンションによる100%エクスパンションを考えます。12152ドルと現時点からはまだ離れた水準ですが、年内の最安値を考える場合には同水準は参考にすべきターゲットとなります。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る