7月の大幅上昇 (22/08/02)

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが続落しての推移となっています。

関連通貨:

7月の大幅上昇 (22/08/02)

7月の大幅上昇

主要暗号資産価格【日本時間6時】

ビットコイン:23093.3ドル(-3.01%)
イーサリアム:1627.28ドル(-5.45%)
リップル:0.37759ドル(-3.85%)
ビットコインキャッシュ:137.3ドル(-5.38%)

【概況】

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが続落しての推移となっています。米株の軟調地合いなどが嫌気されて調整売り圧力が強まる展開ですが、ドルの上値も重く積極的に売り込む流れにはなっていません。その他のコインも上値の重い展開となっており、ここまでの戻りに対する修正の動きが展開されています。全体的にレンジ圏での動きが意識される局面で、比較的底堅い動きとなっていますが、まだ方向感を探る状況ということができそうです。

さて、昨日『楽観的な雰囲気』の中でもここ最近の暗号資産市場全体の底堅い動きについて指摘しましたが、ビットコインの7月の対ドルでの月間上昇率が約17%となっており、今年の他の月と比べて大きく持ち直していることを背景に、年後半に向けて強気の見方をする向きもあるようです。

確かに直近のビットコインの動向を見ると、20000ドルを下値として意識しての動きであり、持ち直しに対する期待感が高まっている状況にも感じられます。株式市場をはじめとする米国市場の状況も現状を後押ししているのではないかと思われます。このままの流れが継続すれば、暗号資産市場もしっかりとした動きが継続され、年後半に向けて期待感が高まることになるでしょう。

とはいえ、7月の月間上昇率が約17%になった事に関してはそれほど材料視すべきではないのではないかと考えています。確かに、約17%の上昇は去年の10月以来の上げ幅であり、史上最高値を更新後の上げ幅としては最大のものとなっています。

しかし、それは価格水準の低さがもたらしたものです。つまり、7月のビットコインの寄り付きは19926.6ドルであり、終値は23303.4ドルとなっています。価格としては3376.8ドルの上昇となっています。これを大きいとみるか小さいとみるかは意見の分かれるところかと思いますが、これまでのビットコインのボラティリティから考えれば大きなものとは言えないのではないでしょうか。そもそも7月の動きは下値の堅さは意識されたものの、基本的にはレンジ圏での動きであり、方向感は見えにくい状況が継続されていました。この動きが下値を固める動きであったのかの判断はまだ早いのではないかと思われます。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの+2σである24640ドル前後と中心線である22340ドルで挟まれたレンジを動いています。やや底堅い動きとなっているものの、大きな動きにはなっておらず、しばらくは+2σと中心線が節目として意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σからじり安基調となっています。バンドの+2σが上昇基調から下落に転じており、バンド幅の縮小傾向が強まってきています。市場にはエネルギーが蓄積されていくものと思われ、動き出したら大きくなる可能性もありそうです。ただ、目先はバンドの中心線を目指しての動きであり、方向感を探る状況ということができそうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dがデッドクロスからの下落となり、高値圏から外れる動きとなっています。まだ下落基調を維持しており、売り優勢の流れということができそうです。下値余地も十分に残っているため、バンドの中心線まで下落といった動きとなる可能性は高そうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を意識しての動きから売り圧力が強まり、バンドの-2σを意識しての動きとなっています。一時的に持ち直す場面もありましたが、上値の重さが意識される展開が継続しています。ただ、バンドの+2σがじり安基調へと転じたことでバンドの±2σが下落する流れとなっています。トレンドそのものは下向きですが、バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくいところであり、一時的にはバンドの中心線に向けて持ち直す可能性もありそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dは下落して下値圏での動きです。一時的な上げ下げはあるものの、上値の重さが意識されやすい状況です。目先は%Kが上昇していますが、これが下値圏から外れる動きとなるかどうかに注目です。%Dは下値圏でじり安基調といった形であり、まだ上値の重い展開が継続する可能性が高そうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

68990ドル:史上最高値
48200ドル:2022年1-6月の高値
30000ドル:心理的な節目
24640ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
23480ドル:昨日の高値

23090ドル:現在値

22860ドル:昨日の安値
22340ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
20050ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
20000ドル:心理的な節目
17630ドル:2022年1-6月の安値

(注)上記の暗号資産の価格に関しましては注釈がない限りInvesting.com社のデータを参照しております。

関連記事

ページトップへ戻る