Bitmainの上場申請とビットコインキャッシュ上昇(9/28)

昨日の仮想通貨取引は、買い優勢の展開となり上値を拡大しました。

関連通貨:

Bitmainの上場申請とビットコインキャッシュ上昇(9/28)

Bitmainの上場申請とビットコインキャッシュ上昇

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6691.4ドル(+2.86%)
イーサリアム:228.37ドル(+4.15%)
リップル:0.54476ドル(+1.80%)
ビットコインキャッシュ:563.19ドル(+5.50%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、買い優勢の展開となり上値を拡大しました。中国のマイニング大手、Bitmainが香港証券取引所に上場を申請したとの報道を受けて買い意欲が強まっています。特にビットコインキャッシュに対する買い意欲が強まる展開で、その他のコインもつれ高となっています。また、CME先物最終トレードの影響が低下した事で買い意欲が高まっていると言った観測もあるようです。

マイニング大手、Bitmainはジハン・ウー氏がCEOを務める会社です。ジハン・ウー氏は私の9月5日の記事で少々解説をしましたが、ビットコインの分裂に大きな影響を与えた人物として有名です。さらに最近の海外取引所Bitfinexでのショートの急増時に売り仕掛けを行っているのではないか、と噂されたこともありました。

ジハン・ウー氏はビットコインキャッシュを支持しており、このジハン・ウー氏がCEOを務めるBitmainが上場を申請したことでビットコインキャッシュの開発が一層進むのではないかと見られています。ただ、現状はまだ上場の申請を行ったにすぎず、これが承認されるまでにはまだ時間がかかるものと思われます。今回のニュースが今後の仮想通貨の価格にどの程度提供があるのか、期待感は高まるものの今後の展開次第と言ったところではないでしょうか。

【ビットコイン節目】

ビットコインは調整が意識されていましたが、目先は底堅い動きが展開されています。ボリンジャーバンド日足の中心線である6560ドル前後の水準が下値支持帯として意識されており、ここが下値のメドとなりそうです。一方、上値はボリンジャーバンド日足の+2σである6800ドル前後の水準となりそうです。この水準は7月上旬の高値水準であり、さらに直近の高値水準(9月22日)でもあるため、重要なポイントとなりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線で支えられてバンドの+2σを目指して上昇しています。一時的に下落していましたが、バンドの中心線が下値支持帯として意識された事を考えると、市場には買い意欲がくすぶっているものと思われます。バンドの±2σはほぼ横ばいであり、バンドブレイクからバンドウォークといった大きな動きとなるかは不透明ですが、しっかりとした流れが展開されるのではないでしょうか。仮にバンドの+2σをブレイクした場合は一気に上値を拡大する可能性が高まるだけに、注意が必要でしょう。

また、ストキャスティクスを見ると、下落していた%K、%Dが持ち直しています。このまま上昇基調を維持することが出来るかがポイントとなりそうです。%Kは高値圏に入ってきており一時的に抑えられる可能性もありますが、%Dが下落に転じない限りは下値の堅さが意識されるのではないでしょうか。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから持ち直す動きを見せ、バンドの中心線まで上昇しました。その後はしばらくバンドの中心線で抑えられていましたが、ここにきてバンドの中心線を上抜け、一気にバンドの+2σまで上昇し、更にバンドブレイクからバンドウォークとなっています。バンドの-2σも下落に転じており、バンド幅の拡大を伴いながらのバンドウォークとなっています。ここからさらに上値を拡大する展開も視野に入れての対応となりそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dがゴールデンクロスから上昇し、高値圏に入っています。一時的に下落する場面もありましたが、%Dの持ち直しが好感されています。目先はしっかりとした動きであり、特に%Dが天井打ちから下落と言った流れにならない限りは買い意欲が根強く残るのではないかと見ています。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7780ドル:6月3日の高値水準
7000ドル:心理的な節目
6800ドル:7月上旬の高値水準・直近の高値水準・ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

6700ドル:現在値

6450ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6130ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値

関連記事

ページトップへ戻る