暗号資産週報「上昇から下降へ。当面は下げを継続」(8月第3週)

来週はこれまでの方向性に変化が出てくる可能性もあるという点で注意が必要な週となりそうです。

暗号資産週報「上昇から下降へ。当面は下げを継続」(8月第3週)

今週の暗号資産レンジ

時価総額が大きい3つの暗号資産の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の暗号資産レンジ

Crypto Index=暗号資産インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「暗号資産分析情報」から「暗号資産インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の暗号資産レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週も6月安値からの平行上昇チャンネルの中での動きを継続していますが、前週の上げに対して今週は調整の下げとなっていて、直近の下げがサポートラインで下げ止まれば上昇トレンド継続と見てよいでしょうし、一段安となりサポートを下抜いてくると上昇トレンドの終焉という流れになってきます。
どちらに動くかという点は難しいところなのですが、来週はこれまでの方向性に変化が出てくる可能性もあるという点で注意が必要な週となりそうです。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの平行上昇チャンネル(ピンク)と短期の平行上昇チャンネル(青)を表示してありますが、後者のサポートラインと別のラインとで構成される上昇ウェッジは今週水曜に下抜けてきました。この動きから先週安値を下抜け、7月26日安値と重なるピンクのサポートラインを試しに行く可能性が高まってきたように思えます。
ピンクのサポートラインを下抜けるほどの材料はまだ無いと思いますが、下げが下げを呼ぶ展開も考えられるため今週末から来週初の動きは要チェックとなります。いっぽうで下抜けた青のサポートラインがレジスタンスとなる動きが想定できますので、来週は21000ドルをサポートに、24500ドルをレジスタンスとする流れを考えておきます。

今週の主なトピックス

今週の暗号資産関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
ユーザーがPayPayなどのスマホアプリから別のスマホアプリや銀行に直接送金が出来るように全銀協が金融機関以外にも全銀システムを開放するそうです。これまで全銀システムは基本的に銀行のみが加盟していたため、スマホアプリから銀行への送金は出来ませんでしたが、今後はアプリ提供会社が日銀当座預金を開設すれば全銀システムに加盟できるようにするとのこと。
日銀でのデジタル円の検証実験が進む中でこうした動きが出てきたことで、これまでよく使われていたスマホアプリがデジタル円のUIとなるかもしれません。そうなるとスマホアプリの統合や金融機関との提携など色々な動きが2023年には見えてきそうです。利便性向上を伴った改革であれば皆こぞって賛成ということになるのでしょうが、あとは高齢者などが使えるものを提供できるかどうかというところでしょう。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
千葉市の検見川神社がNFTを使ったデジタルお守りの授与を始めたそうです。
冗談のようなタイトルなので神社のサイトに行ってみても該当商品は無く、調べてみたら神社ではなく神社と提携したプロジェクトがあり、そのプロジェクトサイトでNFTお守りとして販売されていました。お守りの種類としてはウォレット安全お守り、フロアプライス下落除お守りなど、まあ受け狙いの商品に思えます。
しかもバーンさせる機能を利用し、お守りとしては1年後に自動的にお焚き上げされる機能がついているなど、お守りというよりもジョーク商品として意外と売れるのではないかと思いました。個人的にはこうした発想は好きです。

今週のコラム「ビットコインとナスダックの乖離」

ビットコインの値動きはナスダック100指数と相関が高く似たような動きが続いていましたが、直近では方向性は似通った動きではあるものの、株価指数の上昇に比べるとビットコインの上昇は鈍いものとなっています。

今週のコラム「ビットコインとナスダックの乖離」

ローソク足がナスダック100指数、オレンジのラインがBTCUSDです。6月中旬まではほぼ同様の値動きでしたが、それ以降は明らかにBTCUSDの上昇が鈍っていることがわかります。株価は強いものの直近では米金利上昇の思惑も広がっていることから、株価が下げる時には一緒になってBTCUSDも下げる可能性があり、来週のジャクソンホールあたりがひとつのヤマ場となりそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る