ブロックチェーンを銀行間システムで利用(9/28)

英紙フィナンシャル・タイムズによると、JPモルガンは昨年からブロックチェーンを利用した銀行間のネットワークシステムを開発していたようです。

関連通貨:

ブロックチェーンを銀行間システムで利用(9/28)

ブロックチェーンの銀行間システム利用

JPモルガンのジェームズ・ダイモンCEOは、全米ナンバーワンバンカーといわれている優秀な銀行家です。彼はたびたび仮想通貨については否定的な発言を繰り返しています。しかし、CEOが仮想通貨否定派でもJPモルガンはしっかりブロックチェーン事業には取り組んでいるようです。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、JPモルガンは昨年からブロックチェーンを利用した銀行間のネットワークシステムを開発していたようです。この情報ネットワークのプラットフォームを利用して、多くの銀行が決済スピードアップを目指しているということです。銀行間の送金システムは現在SWIFT(スイフト)というベルギーにあるシステムが利用されていますが、ブロックチェーンを利用した新しい決済システムがSWIFTの牙城を脅かすかもしれません。

もっともダイモンCEOもブロックチェーンの可能性までは否定していませんでしたから、ブロックチェーンをしっかり本業に取り込んでいこうという戦略なのかもしれません。

ブロックチェーンの銀行間システム利用

チャートはBTC/JPYの日足です。
9月25日に715,000円まで下落しましたが、レジスタンスになっていた74万円付近を上抜けして763,000円付近まで上昇しました。
9月4日の高値824,000円から9月8日の安値755,000円のフィボナッチ・リトレースメント50%もどしが754,000円付近で、そこを上抜けして61.8%戻しの77万円付近に迫っています。
短期的にはボリンジャー・バンドの中心線の726,000円付近がサポートとして機能しています。

関連記事

ページトップへ戻る