仮想通貨週刊レポート 上昇機運がBTCにも来るか(9月第4週)

先週はリップル、今週はビットコインキャッシュとアルトコインの上昇に注目が集まりビットコイン自体はもみあい相場が続いています。

関連通貨:

仮想通貨週刊レポート 上昇機運がBTCにも来るか(9月第4週)

今週の仮想通貨レンジ

時価総額が大きい4つの仮想通貨の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨レンジ

Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイトTOPの右側メニュー「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

今週の振り返りと来週の見通し

この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

●中長期の動きと今週の振り返り

先週はリップル、今週はビットコインキャッシュとアルトコインの上昇に注目が集まりビットコイン自体はもみあい相場が続いています。週初こそ上昇しそうな地合いで始まったものの反落、その後ビットコインキャッシュの上昇に引っ張られて週初の水準に戻しているのが金曜の状況です。9月の動きを見ると月初の高値圏から2度ほど安値をトライしたものの抜けられず、現状ではネックラインを上抜けるかどうかという動きです。

しかし7月高値(四角の囲みが1か月)と9月高値を結んだレジスタンスライン(ピンクの太線)も現在の水準に位置していて、ここを抜けられるかどうかで10月相場が見えてきそうなチャートとなっています。
4時間足チャートでもう少し拡大して見てみましょう。

●来週の見通し(4時間足)

●来週の見通し(4時間足)

4時間足で見てもここ1カ月ほどの間に底固めをして、ここ2週間(四角の囲みが1週間)2週間で上値トライを目指そうとしている準備段階にあることがよくわかります。最近はアルトコインの上昇も目立ちますので、BTCもフォローしやすい流れが徐々に形成されてきていると考えると、ピンクの平行線で示した上昇チャンネルの中でレジスタンスラインと先週高値を試し、N波動で示した78.6%(61.8%の平方根)エクスパンション6894ドル(青のターゲット)が現在のターゲットになっていると考えられます。

来週はこのBCH急騰前の6500ドルをサポートに、上記ターゲット6900ドルをレジスタンスとする上昇相場となる週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週も個人的に気になったニュースを国内と海外から1つずつ取り上げます。

25日(火)
*ニュース
仮想通貨を要求するメールが急増し、警視庁が注意喚起

*筆者コメント
以前から英語で仮想通貨を要求するメールがたまに来ていましたが。ここ2週間ほどかなりの数の、しかも自動翻訳をかけただけとしか思えない怪しいメールが増えています。おそらくどこかのメールアドレス業者から買ったアドレスに片っ端から送り付けているのでしょうが、概要はどれも同じようなものでポルノサイトにアクセスした、PCをハッキングして秘密の動画を見つけた等を理由に仮想通貨を送れという内容です。

最後に、必ずウォレットの記載もあり
「データを消去する必要がある場合は、BTC(暗号化通貨)で550ドルを送ってください。これは私のBitcoinウォレットです: 19rq65nR7●●●●」
といったような記述があります。

26日(水)
*ニュース
ビットコインキャッシュ(BCHUSD)急騰

*筆者コメント
前週にXRPが急騰したことに続いて、今週はBCHが26日のNY時間に急騰する動きを見せました。これは、中国でマイニング事業をしているビットメイン社が香港でIPOを行うとのニュースに反応したものです。同社最大のマイニング施設はモンゴル自治区に石炭採掘工場の跡地に作っています。他にも多くのマイニング施設を保有し、BTCのマイニングに関しては同社の運営するBTCコムとアントプールで世界全体の3分の1に達しています。
さて、同社のIPOがなぜBCH急騰につながったかですが、IPOにあたって同社の事業内容や資産構成等を説明している文書に、同社が100万枚のBCHを持っていると記載されていたことが理由とされています。IPOで資金を集め保有するBCHが高騰しさらにマイニング施設を増やしていくと51%攻撃ができるような規模にまで行く可能性もゼロではないように思えます。

今週のコラム「BCHUSDのテクニカル」

先週のXRP急騰、そして今週のBCH大幅高と2週続きのアルトコイン高でもって仮想通貨インデックスは一時期の100割れから120台を回復しています。先週はXRPを見ましたので、今週はBCHを見てみます。

BCHUSDの日足チャートをご覧ください。

今週のコラム「BCHUSDのテクニカル」

前回のXRP同様にピンクのラインで6月高値からレジスタンスラインを引いてありますが、今週の上げで上抜けています。現状は5月高値と9月安値の最初のフィボナッチリトレースメントに当たる23.6%戻しの749をターゲットにしていると考えられます。アルトコインからこれまでの下げ相場に対する修正が入り始めたように感じます。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る