ビットコイン円、急落後に急反発。但しFOMCを控える中、上値余地は限定的か(9/20朝)

週明け19日(月)のビットコイン円相場は急落後に持ち直す展開。

関連通貨:

ビットコイン円、急落後に急反発。但しFOMCを控える中、上値余地は限定的か(9/20朝)

ビットコイン円、急落後に急反発。但しFOMCを控える中、上値余地は限定的か

〇ビットコイン円、アジア時間朝方282.2万円まで上昇後、米FOMC利上げ観測等で262.1万円まで下落
〇その後株式市場の持ち直し等を支援材料として278.9万円まで急速に持ち直す
〇テクニカル的にはアップサイドに複数のレジスタンスポイントが控える等、上値余地は乏しいと判断
〇ファンダメンタルズ的にも世界的金融引き締め観測等、ビットコイン円相場下落を連想させる材料が揃う
〇ビットコイン円相場反落がメインシナリオ、但し9/22各国中銀政策金利発表までは様子見ムードか
〇本日の予想レンジ:260.0万円ー295.0万円

昨日の概況

週明け19日(月)のビットコイン円相場は急落後に持ち直す展開。アジア時間朝方にかけて、高値282.2万円まで上値を伸ばすも、一巡後に伸び悩むと、①9/20ー9/21に開催される米FOMCでの大幅利上げ観測や、②その他各国による金融引き締め観測(米国以外にも今週は英中銀やスイス中銀をはじめ多くの中央銀行が大幅利上げに踏み切る見込み)、③上記①②を背景としたリスク回避ムードの本格再開(世界的な金融引き締め→世界的な長期金利上昇→リスクアセット下落→ビットコイン下落)、④イーサリアムの大型アップデート「The Merge」終了に伴う材料出尽くし感、⑤テクニカル的な地合いの弱さ、⑥米政府・米当局による規制強化の思惑(ゲンスラー米SEC委員長やバイデン米大統領による追加規制強化の可能性を滲ませる発言)などが重石となり、欧州時間朝方にかけて、7/13以来、約2ヵ月ぶり安値となる262.1万円まで下落しました。もっとも、売り一巡後に下げ渋ると、⑦株式市場の持ち直しや、⑧短期筋のショートカバー、⑨ドル買い圧力の一服(米ドルと逆相関性の強いビットコインに上昇圧力)が支援材料となり、本稿執筆時点(日本時間9/20午前5時10分現在)では、278.9万円前後まで急速に持ち直す動きとなっております。

本日の見通し

ビットコイン円相場は9/13に記録した直近高値323.1万円をトップに反落に転じると、昨日は一時262.1万円(7/13以来、約2ヵ月ぶり安値圏)まで急落しました。その後280.0万円手前まで持ち直す動きとなったものの、アップサイドに複数のレジスタンスポイント(対円の節目300.0万円や対ドルの節目20000ドル、一目均衡表雲下限、一目均衡表転換線や基準線、90日移動平均線や21日移動平均線)が控えていることや、強い売りシグナルを示唆する弱気のパーフェクトオーダーが継続していること等を踏まえると、テクニカル的に見て、上値余地は乏しい(一巡後に反落リスクに警戒)と判断できます。目先は一目均衡表転換線と基準線のデッドクロスに注目が集まります(弊社では9/22頃に転換線と基準線のデッドクロスが成立し、同時に強い売りシグナルを示唆する三役逆転も実現すると見ていることから、週後半以降に地合いが一段と悪化するシナリオを想定)。

ファンダメンタルズ的に見ても、①世界的な金融引き締め観測(今週は米国のみならず、英国やスイス、南アフリカや台湾、ノルウェーやスウェーデンなど、複数の国で大幅利上げが決定される見込み)や、②上記①を背景としたグローバルなリスク回避ムード(世界的な長期金利上昇→過剰流動性相場逆流リスク→市場心理悪化→リスクアセット下落→ビットコイン下落)、③世界的な規制強化の思惑(米政府・米当局によるサプライズ的な追加規制強化発表への警戒感)、④「The Merge」終了に伴う材料出尽くし感、⑤米国によるドル高容認観測(インフレ抑制を目的に米政府・米当局は米ドル高を黙認→米ドルと逆相関性の強いビットコインに下押し圧力)、⑥POW通貨への批判拡大懸念(イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムがPOWからPOSに移行したことで、ビットコインなどマイニングに電力消費を要するPOW通貨への逆風が強まる恐れ→ビットコインドミナンスの低下圧力)など、ビットコイン円相場の更なる下落を連想させる材料が揃っています。以上を踏まえ、当方では引き続き、ビットコイン円相場の反落をメインシナリオとして予想いたします(但し、今週は9/22に各国中銀による政策金利発表が相次ぐため、それらを消化するまでは様子見ムードが強まりやすく、上下しつつも方向感を見出しづらい時間帯が続く見込み)。

本日の予想レンジ:260.0万円ー295.0万円

注:ポイント要約は編集部

ビットコイン円、急落後に急反発。但しFOMCを控える中、上値余地は限定的か

ビットコイン円日足

関連記事

ページトップへ戻る