機関投資家の需要は維持 (22/09/30)

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移となっています。

関連通貨:

機関投資家の需要は維持 (22/09/30)

機関投資家の需要は維持

主要暗号資産価格【日本時間6時】

ビットコイン:19508.1ドル(-0.28%)
イーサリアム:1333.87ドル(-1.20%)
リップル:0.49138ドル(+11.73%)
ビットコインキャッシュ:116.1ドル(+2.11%)

【概況】

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移となっています。米株が軟調地合いとなったことを受けて上値を抑えられました。ただ、ドルインデックスが大きく下落したことで下値も堅く下げ渋っています。その他のコインはイーサリアムがつれ安となる一方、リップルが大幅上昇となって推移しています。

さて、昨日の『悲観の中に生まれる?』でも述べましたが、Fear & Greed Indexはビットコインには悲観的なムードが漂う状況を示しています。しかし、こういった状況下が強気相場を形成する第一歩であると見ることも出来ます。現に弱気相場の中でも機関投資家の暗号資産への需要は維持されているとビットメックスのアレクサンダー・ヘプトナーCEOは指摘しています。短期的に見れば更なる下押しがあってもおかしくはなさそうですが、中長期的に見れば買い場として意識することができると判断しているのではないでしょうか。

ただ、ヘプトナーCEOは小口の投資家が依然として撤退している状況にあると述べており、こうした投資家が戻ってくれば価格が押し上げられるだろうと見ているようです。小口投資家が機関投資家などを打ち負かしたこともあるだけに、買い進めている機関投資家が撤退を余儀なくされる可能性もないわけではありませんが、高値から大きく下落している状況でさらに大幅下落といった動きになるかどうかは疑問の残るところではあります。

現状の下落に関しては小口の投資家の売りという側面もあるのかもしれませんが、マイナーからの売り圧力が根強いのではないかと考えています。通常であってもマイナーはビットコインからドルなどに一定以上は変換する必要があるわけですが、価格下落により売却する量が増えていることが報道されています。しかし、価格が持ち直してくれば売却の量も減っていくことが予想されるところですし、小口の投資家の買いも増えていくでしょう。

とはいえ、世界的な金融引き締めの流れなどを考えると、暗号資産市場だけ持ち直すといった可能性は低く、年内は上値の重い展開が継続する可能性も高そうです。昨日も書きましたが、慎重に下落したところで打診買いといった動きがやはり無難ではないかと考えています。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの中心線である19790ドル前後の水準を目指す動きです。中心線や20000ドルをブレイクできるかどうかに注目です。仮に抑えられた場合は-2σである17750ドルが意識されそうです。狭いレンジでの動きであり、3つの価格が節目として意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を目指しての動きで、持ち直し基調となっています。中心線をブレイクすることができるかどうかに注目が集まりそうです。現状では中心線と-2σで挟まれたレンジであり、中心線で抑えられて-2σまで下落といった動きとなる可能性も十分にあるでしょう。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dはゴールデンクロスからの上昇となっています。上昇の勢いが強まっており、買い優勢の流れです。このまま上昇基調を維持して高値圏に入るといった動きとなれば、バンドの中心線まで上昇し、そのままブレイクして+2σを目指す動きとなる可能性が高まるでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を挟んでの動きで、方向感の見えにくい展開となっています。バンド幅が緩やかに縮小していますが、まだ縮小の余地があるため大きな動きにはなりにくい状況です。バンドの中心線を挟んでの動きが継続する可能性も十分にありそうで、方向感を見極めながらの対応となりそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dがゴールデンクロスからの上昇となり、一時下落する場面もありましたが、目先は持ち直し基調を強める展開となっています。%Kがそろそろ高値圏に入っていきそうで、流れとしては買い優勢ということができそうです。このまま上昇基調を維持して高値圏に入る動きとなれば、バンドの中心線から+2σへ向けた動きが展開されることになりそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

68990ドル:史上最高値
48200ドル:2022年1-6月の高値
30000ドル:心理的な節目
21830ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
20000ドル:心理的な節目
19790ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
19630ドル:昨日の高値

19510ドル:現在値

18880ドル:昨日の安値
17750ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
17630ドル:2022年1-6月の安値

(注)上記の暗号資産の価格に関しましては注釈がない限りInvesting.com社のデータを参照しております。

関連記事

ページトップへ戻る