サイバー攻撃を警告 (22/10/17)

先週末の暗号資産取引は、ビットコインが小動きとなって推移しています。

関連通貨:

サイバー攻撃を警告 (22/10/17)

サイバー攻撃を警告

主要暗号資産価格【日本時間6時】

ビットコイン:19334.5ドル(+1.25%)
イーサリアム:1311.28ドル(+2.36%)
リップル:0.47821ドル(-0.81%)
ビットコインキャッシュ:110.3ドル(+2.22%)

【概況】

先週末の暗号資産取引は、ビットコインが小動きとなって推移しています。金・土曜日は米株の軟調地合いを眺めてリスク回避的な動きが強まり、売り優勢の流れとなりましたが、日曜日に買い戻しの動きが意識されています。全体的には方向感の見えにくい展開となっており、様子見ムードが強まりました。その他のコインもまちまちでの推移となっており、比較的狭いレンジでの動きとなりました。今週はベージュブックなどもありますが、全体的には手掛かり材料に欠けることから、材料出尽くし感が意識されて動きにくい展開となったのではないかと思われます。

さて、金融庁と警察庁、内閣サイバーセキュリティーセンターが連名で国内の暗号資産関連事業者などに、北朝鮮のハッカー集団であるラザルスによるサイバー攻撃の可能性を警告しています。今回は暗号資産を利用する個人投資家に対しても注意喚起が行われており、警戒感を強めている状況にあるようです。

北朝鮮に関しては、最近ミサイル発射が頻発しており、東アジアの地政学的リスクが高まる状況となっています。地政学的リスクに関しては、ウクライナ戦争の長期化を背景にロシアの影響力が低下し、アゼルバイジャンとアルメニアが対立を激化させるといった状況となっています。台湾を巡って米中が対立していることなども含めると、世界的に先行き不透明感が強まっています。

そうした中で北朝鮮も活動を活発化させています。暗号資産のハッキングもこうした動きに付随してのものではないかと思われます。もちろん、ウクライナ戦争と関係なく北朝鮮はミサイルを発射していましたし、サイバー攻撃を行っていました。しかし、世界情勢が不安定化することでそうした動きが加速している可能性は否定できないところです。特にロシアの影響力の低下がもたらすものが様々な地域に波及してきています。

そして、暗号資産はサイバー攻撃を受けやすいといった側面やマネーロンダリングをするために利用されやすいところで影響を受けてしまっているのではないかと思われます。制裁逃れのために使われているなどといった話も以前にはありましたが、暗号資産を取り巻く環境はやや悪化しているようにも見えるところではあります。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの中心線である19430ドル前後の水準が意識される動きで、20000ドルとあわせて重要な価格帯となっています。バンドの+2σは20140ドル前後、-2σは18730ドル前後となっており、±2でレンジが形成されている状況となっており、上記4つの価格が節目として意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を意識しての動きで、狭いレンジでの動きとなっています。バンドの±2が横ばいとなっており、方向感の見えにくい流れです。バンド幅は狭い状況となっているため、動き出したら大きなものとなる可能性が高まっていますが、まずは方向感を見極めながらの対応となりそうです。

またストキャスティクスを見ると、ゴールデンクロスからの上昇となっています。上げ下げはあるものの、概ね底堅い動きが展開されており、このまま上昇基調を継続するかどうかに注目です。上昇の余地は残っているので、このまま上昇してバンドの中心線を抜けてバンドの+2σまで上昇といった動きになる可能性も高そうです。

今日は週初ですので週足分析をやっていこうと思います。

ビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-1σ付近での動きが継続しています。やや上値の重さが意識されているものの、方向感の見えにくい展開であり、様子見ムードが継続しています。バンド幅が縮小しており、市場には徐々にエネルギーが蓄積されてきています。動き出したら大きなものとなる可能性があるため注意が必要でしょう。ただ、目先は横ばいであり、まずは方向感が出てくるまで様子見ムードが継続される展開となりそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが下値圏での推移を継続しています。上値の重さが意識されやすい状況であり、バンドの-2σまで下落する可能性もあるでしょう。%Kが持ち直して下値圏から外れる動きとなるまでは売り優勢といった状況が維持されそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

68990ドル:史上最高値
48200ドル:2022年1-6月の高値
30000ドル:心理的な節目
20140ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
20000ドル:心理的な節目
19430ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
19410ドル:昨日の高値

19330ドル:現在値

19070ドル:昨日の安値
18730ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
17630ドル:2022年1-6月の安値

(注)上記の暗号資産の価格に関しましては注釈がない限りInvesting.com社のデータを参照しております。

関連記事

ページトップへ戻る