暗号資産週報「来週も狭い値幅でもみあい」(10月第3週)

今週のビットコインは動きが鈍く方向性も横方向のもみあいが中心でした。

暗号資産週報「来週も狭い値幅でもみあい」(10月第3週)

今週の暗号資産レンジ

時価総額が大きい3つの暗号資産の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の暗号資産レンジ

Crypto Index=暗号資産インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「暗号資産分析情報」から「暗号資産インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の暗号資産レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは動きが鈍く方向性も横方向のもみあいが中心でした。しかし、もう少し長い目で見ると8月高値からのレジスタンスライン(ピンク)は効いているようで、やや上値が重たい展開が続いています。
現在はこのレジスタンスラインと6月安値からサポートライン(ピンク)との間でのもみあいを続け、どちらかに抜けた方向に動きが出てくるという見方でよさそうです。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートで見ると狭そうな両ラインの間も4時間足チャートで見るとかなり間隔があるように見えます。特に下方向にはかなり幅がありますし、前回安値がかなり急な下げによる下ヒゲとなっていることを考えると実体部分での安値18700ドル水準はいったんはサポートとなりやすい水準と言えます。
ごく短期的にも上値を切り下げる動きとなって来ていることから、レジスタンスラインはそのまま採用し、サポート側は実体安値を若干下回る水準を見ておくとよいと考えています。
これら2つの水準を参考に、来週は18500ドルをサポートに、19500ドルをレジスタンスとかなり狭い値幅を考えますが、どちらかに抜けた場合にはその方向に動きが出やすいという点にだけは注意が必要です。

今週の主なトピックス

今週の暗号資産関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。記事によっては前回執筆日前のトピックスを取り上げることもあります。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

ここからの見通し(4時間足) 2枚目の画像

*筆者コメント
ウォラーFRB理事(前職はセントルイス連銀のエコノミスト)がデジタルドルの導入に反対の立場を表明しました。理由はサイバー犯罪のリスクにより国際的な地位を損ねる可能性があるとしました。
FRBや財務省などの当局は規制強化の上で導入していく方向が中心であると見られてきましたが、今回のウォラー理事の明確な反対意見で見直しを迫られる可能性もありそうです。基軸通貨である米ドルは犯罪に利用されることも多いため、デジタル通貨となった際に一層リスクが高くなるといった見方をしているように思えます。
実際には暗号資産と異なり、今まで以上に資金移動の透明性は高まると思うのですが、これも実施に向けての準備次第と言えますので、今後問題をつぶしながら当初予定よりも遅れてスタートという方向になるのではないかと個人的には考えています。

ここからの見通し(4時間足) 3枚目の画像

*筆者コメント
エルサルバドルを支援しているカナダの起業家がビットコインは非課税国で通貨として普及するという見方を日経新聞の取材に対して示したそうです。
ある意味当然の見方ですが、非課税国はだいたいの場合小国であることが多く、そうした国で自国通貨のデジタル通貨を発行しても国民の利便性を高めるに留まるでしょうから、広く普及しているビットコインのほうがより使いやすいということもわかります。しかし、ビットコインは値上がりだけでなく値下がりするリスクもありますし、ボラティリティも高く通貨としての安定性もありません。
今後ビットコインの変動を吸収し、米ドルやユーロなど主要通貨との交換レートが一定幅に収まるような仕組みでも提供されないと、実際には難しいと思います。あくまでも、起業家にとって都合が良い予想と思えました。

今週のコラム「インデックス日足」

インデックスに使われている3つの暗号資産チャートを見ていると明らかに上値が重たくなってきています。

ここからの見通し(4時間足) 4枚目の画像

ビットコイン(上段)とイーサリアム(中段)はほぼ同様の形状で春以降は上値を切り下げる展開が続いていて、いつ下抜けしてもおかしくないようなチャートです。リップル(下段)だけは9月に上昇に転じましたがダブルトップをつけて下げ始めたチャートとなっています。

暗号資産はリスク資産として株価指数、特にナスダックと似た動きをしますが、今後の米国内の金利大幅上昇予想の割に、まだ株式市場は検討しています。しかし、いつ下げが強まってもおかしくないですから、しばらくは暗号資産動向を考える際にはより株価に注意を払う展開が続きそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る