機関投資家の買いは限定的? (23/01/18)

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが小幅に上昇しての推移となっています。

関連通貨:

機関投資家の買いは限定的? (23/01/18)

機関投資家の買いは限定的?

主要暗号資産価格【日本時間6時】

ビットコイン:21365.1ドル(+0.33%)
イーサリアム:1589.24ドル(+0.06%)
リップル:0.39417ドル(+0.57%)
ビットコインキャッシュ:123.9ドル(-0.13%)

【概況】

昨日の暗号資産取引は、ビットコインが小幅に上昇しての推移となっています。大きな動きにはなっていないものの、買いの流れが継続して上値を拡大する展開となっています。その他のコインは小幅まちまちとなっていますが、全体的にはしっかりとした動きが意識されています。昨日はダウが400ドル近い下落となるなど調整の動きが入ったことで暗号資産市場もやや上値を抑えられる展開となりましたが、買い戻しの流れが継続しています。

さて、急激な上昇を見せている暗号資産市場ですが、データ分析企業CryptoQuantの認定アナリストであるMAC_D氏は機関投資家の買いは限定的といった指摘をしています。機関投資家の取引高を示す『Fund Volume』と、保有量を示す『Fund Holdings』の2つの指数が低迷していることを理由として挙げていますが、実際問題としてFTXの破綻などといった問題を抱えている状況下では投資に踏み切れない機関投資家は多いのではないかと思われる状況であることも事実でしょう。

仮に今回の急騰局面が個人投資家の動きとするのであれば、今回の上昇に関しては中長期的には息切れしやすい可能性はあるでしょう。大きな資金が動いていない状況下で上昇基調が維持される可能性は低いものと思われ、いずれ利食い売りなどに上値を抑えられるのではないでしょうか。

機関投資家からすれば、短期的な相場の急変に一喜一憂しながら投資を行っているとは思われず、投資対象に対する信頼感が重要な要素の一つとなっているものと思われます。もちろん、利益が上げられることは重要視されるポイントではあると思いますが、今回のFTXの破綻などといったような問題が発生した場合、投資対象からは外れてくると考えたほうが良いでしょう。少なくとも目先のような上昇を眺めて参入を決定するといったことにはなりにくいものと思われます。となると、ここからさらに上値をを拡大といった展開になるのは時間がかかる可能性もありそうです。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの+2σである21500ドル前後の水準をバンドウォークとなっての動きです。去年の11月5日の21460ドル前後の水準を一時ブレイクしての動きで、ここからさらにバンドウォークを継続するかどうかに注目です。上値を拡大した場合は去年の8月の25210ドル前後の水準がまずは目標となりそうです。逆に調整の動きが入った場合はバンドの中心線である18010ドル前後の水準が意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σをバンドウォークする展開となっています。バンド幅が拡大基調を維持しており、このままバンドウォークを継続する可能性は高そうです。ただ、バンド幅はかなり拡大しており、バンドの-2σの下落の勢いが落ちています。バンドの-2σが横ばいから上昇といった動きとなった場合は調整の動きが強まりやすくなるので、-2σの方向感に注意しながらの対応が継続しそうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが高値圏での推移となっています。一時的な上げ下げはあるものの、高値圏での動きが維持されており、買い優勢の流れということが出来そうです。上値余地はほとんどないものの、下値の堅さが意識される中でバンドウォークを継続する可能性は十分にあるでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σからの調整の動きが意識されていたものの、下値の堅い動きから横ばいとなり、目先はじり高基調となってバンドの+2σと中心線で挟まれたレンジを動いています。バンド幅が縮小したものの、目先はバンドの+2σが上昇に転じ、-2σが横ばいとなっています。バンドの-2σの方向感に注意が必要ですが、下値の堅さが意識されやすい状況となっています。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが一時デッドクロスから下落しましたが、目先はじり高基調となって%Kが高値圏に入る展開となっています。しっかりとした動きが意識されており、底堅い動きが展開されやすい形です。%Dの上昇の勢いが弱いものの、現状ではまだ買い優勢の流れということが出来そうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

68990ドル:史上最高値
25210ドル:2022年7-12月の高値
21510ドル:昨日の高値
21500ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

21370ドル:現在値

20930ドル:昨日の安値
20000ドル:心理的な節目
18010ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
15500ドル:2022年7-12月の安値
15000ドル:心理的な節目
14520ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準

(注)上記の暗号資産の価格に関しましては注釈がない限りInvesting.com社のデータを参照しております。

関連記事

ページトップへ戻る