暗号資産週報「上昇ペースが速く来週は高値もみあい」(1月第3週)

年初からの大幅上昇によって史上最高値からのレジスタンスラインを上抜け、FTX事件前の水準へと戻してきました。

暗号資産週報「上昇ペースが速く来週は高値もみあい」(1月第3週)

今週の暗号資産レンジ

時価総額が大きい3つの暗号資産の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の暗号資産レンジ

Crypto Index=暗号資産インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「暗号資産分析情報」から「暗号資産インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の暗号資産レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(週足)

今週の振り返り(週足)

大きく上昇する動きとなってきましたので、今週は週足チャートから見て行きます。

年初からの大幅上昇によって史上最高値からのレジスタンスラインを上抜け、FTX事件前の水準へと戻してきました。今週は21628ドルまで高値を切り上げたことで11月高値を上抜けていますが、日足チャートを見るとわかる通り連日上ヒゲでのトライとなっていて明確に上抜けたとは言えません。
日柄的に一方向に動くと指摘してきた水星逆行時期も終わったことを考えると、年始からの上げ幅が大きいだけにいったん調整を挟み、それで底堅い動きになる場合には史上高値とその後の安値との23.6%戻し28139ドルを目指す流れになって行くというチャートとなっています。日足チャートで拡大して考えてみましょう。

ここからの見通し(日足)

ここからの見通し(日足)

日足チャートの上方にある赤の水平線は9月高値22765ドルです。週足で見た長期ターゲットの手前にもこのようなターゲット兼レジスタンスは多く、現状ではこの22765ドルが次の上値の目途になっていると考えられます。
いっぽうで先週以降の上昇が急であったことから利食いも出てきそうで、その場合には年初来安値と今週高値との23.6%押し20186ドルとも重なる大台20000ドルがサポートになってくると見られます。
来週は大台20000ドルをサポートに、22800ドルをレジスタンスとする週を考えておきます。

今週の主なトピックス

今週の暗号資産関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として毎週2本取り上げていきます。記事によっては前回執筆日前のトピックスを取り上げることもあります。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
昨年2022年に違法な取引に使われた仮想通貨は201億ドル(約2.6兆円)に上り、前年の180億ドルからさらに伸びていることがわかりました。またマネーロンダリングなどに関わるロシアや北朝鮮などで活動する企業が関与する取引が全体の44%を占めているようです。
低レベルな詐欺メールでのビットコイン支払いから悪質な犯罪まで広く違法な決済に使われていますが、こうした数字を見る限り米国の規制当局による一段の規制強化は2023年も続くでしょうし、記事にもある通り機関投資家は投資先の選別をしていく必要があり、市場が規制強化の下で整備されて行かないと暗号資産市場はかつて盛んだったという方向に進むリスクは高いと言わざるを得ないでしょう。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
SWIFT(国際銀行間通信協会)は銀行間の国際決済システムを提供する銀行が出資するベルギーの協同組合ですが、同社は複数のCBDC(中銀デジタル通貨)を仲介するシステムを実証実験で構築したとのこと。
同社によると各国の主要銀行18行が実験に参加し、CBDCと他の金融ネットワークの相互接続を大幅に簡略化できることを確認したことを報告しました。そもそもG7を中心にCBDCの実用化がいつになるかもわからない段階ですが、2024~2025年頃は時期的な目安と考えられていることもあって、実用化に向けた各所での検証が進められていることで、あとは法整備という段階へと着実に進んでいるという印象です。

今週のコラム「アストロチャート」

水星逆行でワンウェイアップとなりましたので、アストロチャートによる現行水準近くのサポート、レジスタンスを確認しておきます。

今週のコラム「アストロチャート」

水色と青のカーブ、茶色の水平線がサポート、レジスタンスとなりやすい水準ですが、1月中旬から1月末にかけて3つのラインが全て21000ドルに集中しています。ある意味重要な水準ですから、上ヒゲトライで抜け切れず反落すれば当面天井となりやすく、明確に上抜けしたら強いサポートとなってくる可能性があるという水準にあると言えるでしょう。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る