日本仮想通貨交換業協会が自主規制を検討(10/18)

ロイターが『仮想通貨業者、預金や国債保有義務化へ』といったニュースを報じています。

関連通貨:

日本仮想通貨交換業協会が自主規制を検討(10/18)

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6677.6ドル(+0.15%)
イーサリアム:212.26ドル(+0.34%)
リップル:0.47774ドル(+3.65%)
ビットコインキャッシュ:457.83ドル(-0.61%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインキャッシュなどが下落となっていますが、全体的に見れば下値の堅さが意識されています。大きな動きにはなっておらず、様子見ムードが強まっている状況ということが出来そうです。手掛かり材料に欠ける中で方向感を見出しにくい局面となっています。

そうした中で、ロイターが『仮想通貨業者、預金や国債保有義務化へ』といったニュースを報じています。これは日本仮想通貨交換業協会が会員各社に対して実施する自主規制となっています。これによるとサイバー攻撃などによる資産の喪失リスクを評価し、そのリスクに見合った額の預金や国債などを保有するよう義務付ける方向で検討しているようです。

リスクの評価などに関しては仮想通貨の保管方法(コールドウォレットでの保管orホットウォレットでの保管、等)などで評価が変わってくることも考慮するようですが、詳細に関してはまだ検討中のようです。ただ、仮想通貨が流出した際の損害賠償に関する方針を明記することを義務付けることも視野に入れているようです。度重なる取引所のハッキング被害を受け、利用者保護に向けて協会が動き出したことは、投資家保護の観点からも意義のあることでしょう。ハッキングなどの際に資金が守られる、または賠償されるということになれば、投資家としても安心して取引を行うことができるようになるでしょう。

取引所としては預金や国債の保有が義務化されることや、ハッキング対策を行うことは負担の増大となりますが、長い目で見れば盗難被害の防止や顧客の増加につながる可能性は高いでしょう。リスクの評価が難しいといったところはありそうですが、なるべく早くこういった規制を設けていくことが業界としても重要ではないでしょうか。

【ビットコイン節目】

ビットコインは一時的な急騰があったものの、ボリンジャーバンドの日足の±2σで挟まれたレンジを意識している状況です。目先はバンドの+2σで抑えられており、上値の重い展開です。バンドの+2σは6860ドル前後の水準であり、ここが上値の節目となるでしょう。一方、バンドの中心線である6570ドル前後の水準が下値の節目となるのではないでしょうか。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σを意識した流れであり、目先は+2σで抑えられている格好です。上値の重さが意識されており、このままバンドの中心線まで下落する可能性が高まっているのではないでしょうか。レンジ圏での動きが意識される中、しばらくは方向感の見えにくい流れが継続するのではないかとみています。

また、ストキャスティクスを見ると、%Kが腰折れの動きを見せている一方、%Dが上昇基調を維持しています。%Kが下落の流れを維持した場合は短期的に売り圧力が強まることになるでしょう。その場合、%Dの方向感に注目しておきたいところです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、目先は横ばいでの推移であり方向感が見えにくい状況ですが、バンドの中心線が上昇してきたことでそこにぶつかる格好となっています。バンドの中心線で支えられるかどうかがポイントとなりそうです。形としてはここで支えられてバンドの+2σまで上昇といった動きとなるのではないかとみています。バンド幅は縮小傾向に転じており、大きな動きにはなりにくいのではないかとみています。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが持ち直す形となっています。ゴールデンクロスが意識される中で買い意欲が強まる展開は頭に入れておきたいところです。バンドの中心線で支えられる可能性が高いことや、ストキャスティクスでゴールデンクロスが意識される状況ですので、4時間足では買われやすい地合いということが出来そうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7780ドル:6月3日の高値水準
7000ドル:心理的な節目
6860ドル:7月上旬の高値水準・ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
6800ドル:9月22日前後に意識された水準

6680ドル:現在値

6600ドル:9月15日の高値水準
6570ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
6280ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値

関連記事

ページトップへ戻る