仮想通貨は本格的な金融商品になるのか(18/7/3)

産経新聞の報道によると、金融庁が仮想通貨交換業者を規制する法律を現状の改正資金決済報から金融商品取引法に変更する検討にはいったことが分かりました。

関連通貨:

仮想通貨は本格的な金融商品になるのか(18/7/3)

仮想通貨は本格的な金融商品になるのか

産経新聞の報道によると、金融庁が仮想通貨交換業者を規制する法律を現状の改正資金決済報から金融商品取引法に変更する検討にはいったことが分かりました。
現在の仮想通貨の位置づけは電子マネーなどと同じようなもので、決済手段とみなされています。もし仮想通貨が金融商品取引法の規制の対象商品になったとすると金融商品として扱われます。
決済手段か金融商品になるとなにが変わるのでしょうか?
現状では金商法の対象商品になると、証券会社などに対して、顧客の資金や有価証券を会社資産と分けて分別管理することが義務付けられます。また株式などはインサイダー取引を禁じるなど厳格な投資家の保護の仕組みが求められることになります。
ということは仮想通貨交換業者も証券会社と同様に、顧客資産の保全やインサイダー取引の禁止などの厳しい対応が求められ規制強化となります。

一方で金商法の適用商品となると、金融機関で仮想通貨のデリバティブ商品などを取り扱うことが可能となり、ETF(上場投資信託)などさまざまな金融商品が誕生する可能性があり、マーケットが拡大する可能性があります。

チャートはBTC/JPYの日足です。ボリンジャー・バンドの20日線が70.8万円付近に位置し短期的なサポートです。ボリンジャー・バンドの2シグマのラインが76.3万円付近に位置し、昨日も書きましたが短期的なレジスタンスレベルです。ここが抜けられるかどうかがポイントです。
またRSIも50.07%と50%台にのせてきました。RSIは20~30%で売られすぎ、70~80%で買われすぎとして利用するのが教科書的な利用法です。私はトレンドが出ているときに50%より上か、下かを見ています。ビットコインが100万円を切って下落トレンドになってからは50%をずっと下回っていました。
果たして上昇トレンドになり50%をずっと上回れるかどうか注目しています。

仮想通貨は本格的な金融商品になるのか

BTC/JPY日足

関連記事

「暗号資産羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトは暗号資産およびブロックチェーンに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の暗号資産、金融商品等の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
暗号資産に関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各暗号資産交換業者等に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社は暗号資産取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各暗号資産交換業者等のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各暗号資産交換業者等との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、暗号資産取引等に伴うトラブル等の利用者・各暗号資産交換業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。また情報提供者自身が当該商品の自己ポジションを持って売買している場合があります。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、暗号資産羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る