仮想通貨マイニング日記4~クラウド・マイニングに挑戦~

実は、マイニングには3つの種類があります。

関連通貨:

仮想通貨マイニング日記4~クラウド・マイニングに挑戦~

~マイニング方法の種類~

前回までで、マイニングの大まかな方法はご理解いただけたかと思うのですが、恐らく、「めんどせ~」と反応される方が多いのではないでしょうか。
比較的簡単に組めるとはいえ、自分でさまざまなパーツを買ってきて、マイニングマシンを組み立てるのは、パソコンの自作が趣味という人には趣味の延長線、楽しみのひとつと考えられるかも知れません、しかしメカ音痴だと苦痛以外の何物でもありません。
さらに前回も触れましたが、留守中にマイニングマシンが停止してしまい、結果的に外出している時間は全く仮想通貨が掘れていなかったとか、24時間マイニングマシンを稼働させているため、電気代がかなり嵩むようになってしまったとか、いろいろ想定される問題点が、マイニングへの意欲を削ぐことにもなりかねません。

仮想通貨マイニングは、確かにマイニングマシンを動かし続けるだけで、少額ずつですが徐々に金額が積み上がっていく、言うなればチャリンチャリンビジネスのようなものですが、実際に始めるまでのハードルが高いともいえるでしょう。そこで、もっと簡単にマイニングを体験するための方法をご紹介しましょう。

実は、マイニングには3つの種類があります。

第一の方法は「ソロ・マイニング」です。
自分専用のマイニングマシンを用意して、一人でマイニングする方法です。前3回を通じて説明してきたのは、このソロ・マイニングのことです。

第二の方法は「クラウド・マイニング」です。
これはマイニング業者に投資することによって、自分の代わりにマイニングしてもらう方法です。

そして第三の方法が「プール・マイニング」です。
この方法は、マイニング用のパソコンを用意し、そのマシンパワーをネット経由で提供して複数人でマイニングし、自分が提供したマシンパワーに応じた報酬を受け取るというものです。

~クラウド・マイニングに挑戦!~

この3つの方法のうち、最も手間が掛からないのが、クラウド・マイニングです。
メリットとデメリットを説明しましょう。

まずメリットですが、
1. 知識が無くてもすぐに始めることができる。
2. マイニング用のパソコンを用意する必要がない。
3. 電気代が掛からない。
4. パソコンが何らかの原因で落ちることを心配しなくて良い。
以上の4点ですが、要するにコストを掛けることなく、24時間マイニングし続けてくれるわけですから、確かに初心者にはもってこいの方法でしょう。
もちろん、良いことばかりではありません。

デメリットを見てみましょう。
1. マイニング企業がハッキングなど外部からの攻撃を受けて、マイニングした仮想通貨を盗まれる恐れがある。
2. マイニング企業が倒産した場合、お金が戻ってくるかどうか不明。
3. 詐欺の会社が多数存在する。
特に、デメリットの2と3には要注意です。
このデメリットをいかにして排除すれば良いのか、という点が問われてきます。

~業者の見極めを慎重に~

最近はマイニングそのものが難しくなっており、数年前までは飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し、お勧めと思われていたマイニング会社が、近年マイニング報酬が激減するなどして、経営状況が悪化しているケースもあると言われています。クラウド・マイニングを始めたところ、すぐにマイニング会社が倒産してしまったなどということも、十分に起こりうるのです。
マイニング会社が倒産した場合、投資した資金の回収が極めて困難になることは、想像に難くありません。日本の銀行預金のように、たとえ銀行が倒産したとしても、預金保険機構が一定金額を上限に預金の払い戻しを保証してくれるなどという、非常に親切なセーフティネットは、仮想通貨マイニングにはないので、当然、投資した資金は戻ってきません。

また、詐欺業者が介入するリスクがある点にも注意が必要です。「マイニングしています」と言っておきながら実は全くマイニングをせず、別のことにお金を使っていたなどというケースが十分に想定されます。時々マイニングの成果としていくばくかのお金を他の投資家から入ってきたフィーで支払う、という自転車操業的なポンジ・スキームと言われる典型的な詐欺のケースです。この手の業者をいかにして見極めるかが重要です。

実は、この原稿を書くにあたり、私自身もクラウド・マイニングを始めてみました。
マイニング会社は、日本語メニューも用意されていることから、hashing24(ハッシング24)を選んでいます。Hashing24は、2012年にスコットランドで設立された、業界でも比較的古いクラウド・マイニング会社で、世界最大級のブロックチェーンテクノロジー企業であるbitfury Groupのインフラを使用しています。マイニングできる通貨がビットコインのみという点がいささか残念ですが、メールアドレスとパスワード、居住国を入れるだけで簡単にアカウントを開設できます。今回はお試しということで、ハッシュレートが最も低いプランでマイニングを始めてみます。
ちなみに費用は、100GH/sのハッシュレートで、月12.5米ドルです。なお、このハッシュレートが高くなるほど、たくさんマイニングできますが、それに応じて費用も上がります。
さて、実際にどのくらいマイニングできるのでしょうか。来月にはある程度の成果も出てくると思いますので、次回、状況をお知らせしたいと思います。

(編集部注)
執筆者ならびに当サイトの運営会社は本稿において特定の仮想通貨、金融商品等の売買、投資等の推奨、勧誘を行う意図はなく、記事内の業者の信用その他を保証するものでもありません。ご投資の最終判断は、自己責任の下ご自身で行っていただきますようお願い致します。
また、取引等に伴う損失、トラブルに執筆者ならびに当サイトの運営会社は一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。詳細は利用規約の免責事項(第10条)をご確認下さい。

関連記事

ページトップへ戻る