株式市場の仮想通貨市場に対する影響は?(11/2)

過去24時間でビットコインは0.95%、イーサリアムは1.08%、リップルは2.2%、ビットコインキャッシュは1.1%の上昇となっています。

関連通貨:

株式市場の仮想通貨市場に対する影響は?(11/2)

株式市場の仮想通貨市場に対する影響は?

株式市場が堅調な中で、過去24時間の仮想通貨の動きも比較的堅調に推移に推移しています。過去24時間でビットコインは0.95%、イーサリアムは1.08%、リップルは2.2%、ビットコインキャッシュは1.1%の上昇となっています。

トランプ大統領が中国との想定される貿易合意の草案作成を指示したとの報道を受け、午後は日経平均が550円超の上昇となりました。ドル円も113円台に回復しました。
また、ビットコインもこの動きを受けて小幅に上昇しています。

株式市場の仮想通貨市場に対する影響は?

チャートはBTC/JPYの時間足です。
29日に697,000円まで下落したビットコインはその後じわじわと上昇しています。
本日は一時712,000円まで下落しましたが、すぐに反発し717,000円付近まで上昇しました。16時現在はその高値を上抜けし、719,000円付近の高値まで上昇しています。昨日の高値717,000円まで上昇後の安値は709,000円付近になり、このレベルがサポートとして反発しています。
現状ではボリンジャー・バンドの2シグマのラインは708,000円付近に位置しており、この安値レベルと一致しています。またボリンジャー・バンドの中心線が713,000円付近に位置しており、このレベルが短期的なサポートとして機能しそうです。
一方で719,000円付近は下落前の高値圏で、短期的にはこのレベルがレジスタンスになっています。このレベルを上抜けできると26日の高値である722,000円、24日の高値である726,000円付近が次のターゲットになります。

71~73万円のレンジは10月の中旬から後半にかけて長くもみあったレベルです。このレベルを再び回復するのか、このレンジの手前で下落するのか見極めたいと思います。

関連記事

ページトップへ戻る