米中間選挙を終えて(11/8)

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に上昇する展開です。

関連通貨:

米中間選挙を終えて(11/8)

米中間選挙を終えて

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6562.2ドル(+1.31%)
イーサリアム:218.04ドル(+0.52%)
リップル:0.53863ドル(+0.39%)
ビットコインキャッシュ:617.01ドル(+1.55%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に上昇する展開です。アルトコインはイーサリアムなどの主要なものはしっかりとした動きとなりましたが、全体的にはまちまちでの推移です。直近の大幅上昇に対する調整の動きもみられており、やや上昇の勢いに陰りが見える局面ということができそうです。

さて、目を仮想通貨市場の外に向けると、米中間選挙が行われ、その結果米上院は共和党が、下院は民主党が過半数を占めることとなりました。このねじれ現象によりトランプ大統領の今後の政策がどういったものとなるのかに注目が集まります。今のところは「政策実現のため、民主党と一緒に取り組んでいきたい」と述べています。しかし、これまでの傾向を見る限りでは超党派的な動きとなるかは疑問の残るところではあります。

米中間選挙が直接的に仮想通貨市場に影響を与えるか、というとその判断は難しいところではありますが、10月31日に民主党に比べて共和党のほうが仮想通貨に対して前向きな対応をとる可能性が高い、といった話をしました。その点から今回の米中間選挙を見ると、日本時間7日の朝方の上昇は事前予想に反して共和党が健闘しているといった思惑から押し上げられ、18時頃からの下落は最終的に下院は民主党が過半数を獲得といった流れが決定的となったことで下落したということができなくもありません。そして、その売りの流れも上院での共和党議席上積みが意識されて修正が入ったということになるかもしれません。

このあたりの動きははっきりしないところであることは否めません。しかし、上記の流れが意識されているということになれば、今後の政権運営がスムーズに進めば仮想通貨市場にも資金が戻る可能性はありそうです。ただ、目先は今回の結果が共和党の健闘とみるべきか民主党の躍進とみるべきか、市場もやや判断に迷っているところではないかと思われます。

【ビットコイン節目】

ビットコインは持ち直しの動きが継続し、ボリンジャーバンド日足の中心線をついにブレイクし、バンドの+2σを目指しています。このまま+2σである6650ドル前後の水準まで上昇できるかといったところです。バンドの中心線である6570ドル前後の水準が下値のメドとなりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線をブレイクし、バンドの+2σを目指す展開です。流れとしては+2σまで上昇する可能性が高いでしょう。問題はそこからの動きということになりそうです。現状バンド幅は縮小傾向を継続し、かなり狭い状況です。市場にはエネルギーが蓄積されているものと思われ、そのエネルギーが発散された場合はバンドウォークが意識されて大きな動きとなるでしょう。バンド幅の拡大を伴ったバンドウォークといった動きになった場合はその流れについて行くべきでしょう。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dがゴールデンクロスからの上昇となっています。上昇の勢いは強まっており、買いの流れが意識されています。%Kは高値圏に入ってきており、この水準を維持することができるかどうかがポイントとなりそうです。天井打ちから下落といった動きになれば調整の動きが意識されるところであり、バンドの+2σでの動きとともに意識しておいたほうが良さそうです。

ビットコイン4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σまで上昇していましたが、そこから若干の調整が入っています。しかし、下値は堅く持ち直し基調です。ここから再度バンドの+2σを意識した動きとなっていくかどうかに注目です。バンドの-2σが上昇基調から一転下落となっており、バンド幅の拡大基調が再開されています。とはいえ、バンド幅はかなり広がっており、ここからさらにバンドブレイク、そしてバンドウォークとなるかは不透明です。底堅い動きは意識されてバンドの+2σまでは上昇といった展開にはなりそうですが、そこからさらに買いといった勢いにはならないのではないかとみています。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが下落基調から反転しています。目先は買われやすい地合いとなりそうで、再度高値圏に入っていきそうです。問題はそこから天井打ちとなって下落するかどうかといったところでしょう。とはいえ、目先は買われやすい形であり、やはりバンドの+2σまでは上値余地として意識しておいたほうが良さそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7780ドル:6月3日の高値水準
7000ドル:心理的な節目
6800ドル:9月22日前後に意識された水準
6650ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

6560ドル:現在値

6490ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
6320ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値

関連記事

ページトップへ戻る