第9回【仮想通貨交換業等に関する研究会】…5

平成30年11月12日第9回…ウォレット業者に対する規制の要否等

関連通貨:

第9回【仮想通貨交換業等に関する研究会】…5

1.ウォレット業者に対する規制の要否等

日時:平成30年11月12日(月)16時00分~18時00分
「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第9回)議事次第

〇仮想通貨のウォレット(Wallet)の種類

1.オンラインウォレット
(1)秘密鍵の管理場所
  ①ウォレット業者(交換業者に移行する者も多い) 
  ➁仮想通貨交換業者
(2)手順
  ①仮想通貨交換業者で口座開設し、アドレスを作成=秘密鍵は仮想通貨交換業者が管理
  ➁仮想通貨を移転(送金)したいときは仮想通貨交換業者に指図
(3)特徴・リスク:
  ①仮想通貨交換業者がハッキングを受けるリスク
  ➁仮想通貨交換業者の破綻リスク

2.ソフトウェアウォレット
(1)秘密鍵の管理場所:個人のPCやスマホ
(2)手順:
 ①PCやスマホにアプリをダウンロードし、アドレスを作成
 ➁仮想通貨を移転したいときは秘密鍵を用いて移転
(3)特徴・リスク:
 ①オープンソースや特定の仮想通貨交換業者が提供するアプリが多数存在
 ➁端末のハッキングリスク

3.ハードウェアウォレット
(1)秘密鍵の管理場所:個人が購入した専用のUSBデバイス等
(2)手順:
 ①アドレスを生成できるデバイスを購入
 ➁仮想通貨を移転したいときはデバイスをPCに接続して『秘密鍵』を用いて移転(送金)
(3)特徴・リスク:
 ①複数の仮想通貨交換業者が販売
 ➁1(オンラインウォレット)や2(ソフトウェアウォレット)よりセキュリティに優れていると考えられる
 ③ウィルス感染した端末に接続した場合には、ハッキングのリスクもあり
 ④USBデバイス等の紛失リスク


4.ペーパーウォレット
(1)秘密鍵の管理場所:紙
(2)手順:
 ①専用サイトにアクセスして、アドレス作成
 ➁アドレス・秘密鍵が印字された紙を印刷
 ③仮想通貨を移転(送金)したいときは、上記のウォレットで秘密鍵をインポートし、当該ウォレットに移行(送金)
(3)特徴・リスク:
 ①記載した紙の紛失リスク
 ➁他人にカメラで撮影されるリスク

金融庁はウォレットを上記の4種類に分類していますが、もうひとつ「ブレインウォレット」と呼ばれる、『脳(brain)』に記憶させる方法もあります。

また、その他にも下記のような分類もあります。

5.インターネットに接続
 ①されている=ホットウォレット
 ➁されていない=コールドウォレット

6.送金に必要な秘密鍵・電子署名の数
 ①ひとつ=シングル・シグアドレス
 ➁複数=マルチ・シグアドレス

関連記事

ページトップへ戻る