第10回【仮想通貨交換業等に関する研究会】…3

平成30年11月26日(月)第10回…投資に関する金融規制を要するICOに係る規制の内容

関連通貨:

第10回【仮想通貨交換業等に関する研究会】…3

2.投資に関する金融規制を要するICOに係る規制の内容…1

日時:平成30年11月26日(月)10時00分~12時00分
「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第10回)の開催について


〇どのような金融規制が適切なのか下記を整理する必要がある。
①投資性を有するICOの特質
➁必要と考えられる規制の内容

〇「海外で行われたICO事例や評価」を鑑みると、投資性を有するICOには下記の特徴がある。
①「トークン表示権利」は、トークンと共に電子的に移転すると考えられており、事実上の流通性が高い。
※1「トークン」という物が現に存在しているわけではない。
※2トークンを『保有』しているとされる取引者は、秘密鍵を管理しているにすぎない。
※3ここで言う「秘密鍵」とは『台帳上に記録されているトークン残高を他のアドレスに移転させる』もの。
※4ここでは、この状態を便宜的に「トークンを保有している」と呼ぶ。

➁一般投資家を対象として実施されるものが多い
③内容や設計の自由度が高い
④発行時・発行後に、発行者と投資家との間の情報の非対称性が大きい
⑤対面ではなく、インターネットを通じて投資家を募っている
⑥発行者や販売者が潜在的な投資家にアプローチすることが容易である
⑦「実態がない」など詐欺的な事案を判別しづらい
⑧仮想通貨等の『電子的方法での出資』であるため、大口投資への心理的障壁等が低い

〇下記2点を考慮すると、投資性を有するICOには①~⑥のような規律の仕組みが求められると考えられる
・一般投資家にリスクが生じる
・既存の資金調達手段における諸規律も鑑みる

①発行者と投資家の『情報の非対称性』解消のため、継続的な情報提供・開示の仕組み
➁詐欺的事案の抑止のため、「販売業者等」「第三者」がスクリーニングする仕組み
③「発行者自身」「当該第三者」を監督する仕組み
④「情報の非対称性の大きさ」「投資家の投資能力・経験」等に応じ、流通の範囲等に差を設ける仕組み
⑤流通の場にて「公正な取引」のため、「流通の場の提供者」を監督する仕組み
⑥不公正な行為を抑止する仕組み

関連記事

ページトップへ戻る