リスク回避の動きの中で仮想通貨も下落(18/12/4)

仮想通貨市場の下落が続いています。過去24時間でビットコインは4%、リップルは4.4%、イーサリアムは5.5%の下落となっています。

関連通貨:

リスク回避の動きの中で仮想通貨も下落(18/12/4)

リスク回避の動きの中で仮想通貨も下落

仮想通貨市場の下落が続いています。過去24時間でビットコインは4%、リップルは4.4%、イーサリアムは5.5%の下落となっています。
週末の米中会談を受けて伝統的な金融市場は株高、円安でリスク選好的な動きとなりましたが長続きしませんでした。昨晩の米国株は大きく上昇しましたが引けにかけて上昇幅を縮小。本日の日経平均も500円超の下落でドル円も113円付近まで下落しリスク回避の動きとなっています。
米国では長期金利が低下し長短金利差が縮小したことで株やドルの下落を促した可能性もあります。
もちろん株式や為替と仮想通貨の連動性が必ずしも明確ではなく、連動するときもしないときもありますが、伝統的な金融市場ではポジションをクローズする動きが目立っています。

そのようななかで仮想通貨市場でもポジションをクローズが進んでいるように思われます。
チャートはBTC/JPYの時間足です。ビットコインは対ドルでも再び節目の4000ドルを下抜けしています。
48万円付近がレジスタンスとなり425,000円付近まで下落しました。その後は44万円付近まで反発していますが、このレベルにはボリンジャー・バンドの中心線が位置しており短期のレジスタンスになっています。
ここを上抜けできればボリンジャー・バンドの2シグマのラインが453,000円付近に位置しており、戻り高値の高値付近となっています。
また425,000円付近もボリンジャー・バンドの2シグマのラインが位置しており、短期的には425,000~45,5000円のレンジが想定されます。

リスク回避の動きの中で仮想通貨も下落

BTC/JPY時間足

関連記事

ページトップへ戻る