価格は下落しても、仮想通貨のマーケットは整いつつ(12/5)

過去24時間でビットコインが0.1%の下落、リップルが1.6%の下落、イーサリアムが0.8%の下落となりました。

関連通貨:

価格は下落しても、仮想通貨のマーケットは整いつつ(12/5)

価格は下落しても、仮想通貨のマーケットは整いつつ

昨日は日経平均が500円超の下落を受け、ダウが800ドル安と株式市場は大荒れでしたが、仮想通貨市場は小動きでした。過去24時間でビットコインが0.1%の下落、リップルが1.6%の下落、イーサリアムが0.8%の下落となりました。

少し古いニュースですが11月27日にブルームバーグは、大手取引所のナスダックが来年の早い段階にビットコイン先物の上場を計画しており、それに向けて準備を進めている事を関係者の話として報じました。大手取引所のビットコイン先物への参入は流動性が高まる可能性があり、ビットコインにとってサポート材料となります。先物取引に関してはすでにCBOE(シカゴオプション取引所)とCME(シカゴマーカンタイル取引所)がサービスを開始しています。
仮想通貨価格の下落は続いていますが、取引環境は着々と整備されており、仮想通貨のマーケットは発展する可能性が高まっていると思われます。

価格は下落しても、仮想通貨のマーケットは整いつつ

チャートはBTC/JPYの時間足です。
456,000円付近まで反発しましたがレジスタンスになっていた46万円付近の上抜けに失敗して下落、ボリンジャー・バンドの中心線の44万円付近を下抜けして下落し431,000円付近まで下落しました。
ボリンジャー・バンドの中心線の位置する44万円付近が短期的なレジスタンスとなっており、4日の安値425,000円を試しに行くものと思われます。
425,000円付近を下抜けすると上昇前にサポートされた41万円付近がターゲットになります。

関連記事

ページトップへ戻る