ドル円急落のビットコインに対する影響は?(19/1/4)

仮想通貨市場は過去24時間で下落となっています。ビットコインは2%、イーサリアムは3.2%、リップルは3.5%の下落となっています。

関連通貨:

ドル円急落のビットコインに対する影響は?(19/1/4)

ドル円急落のビットコインに対する影響は?

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
仮想通貨市場は過去24時間で下落となっています。ビットコインは2%、イーサリアムは3.2%、リップルは3.5%の下落となっています。
さて年初から金融市場は大荒れとなっています。年末にドル円が110円を下抜けしたことで円高の流れが加速しました。
3日にアップルが売り上げの下方修正をしたことで米国株の先物が下落するとドル円は108円台後半から104円台に10分ほどで急落しました。
3日の早朝のマーケットの流動性が低いなかでアルゴリズム取引が相場の急落の原因だった思われます。
為替市場、株式市場ともに大きく変動していますが、その影響はビットコインにも出ていました。

ドル円急落のビットコインに対する影響は?

チャートはBTC/JPYの時間足です。
3日の7時付近でビットコインは425,000円の戻り高値まで上昇しました。しかしその時間帯にドル円が104円台に急落するとビットコインも412,000円付近に急落し、その後も上値が重く本日404,000円付近まで下落しました。
ビットコインと為替市場での動きは必ずしも一致しないのですが、さすがに短期的に4円も急落したドル円の影響はビットコインを対円で下落させる材料になりました。
今後は為替市場が大きく動く中でビットコインも影響を受ける可能性が高いので、ドル円の動きは注意が必要かもしれません。
短期的にはボリンジャー・バンドの2シグマのラインが位置する405,000円~415,000円のレンジが想定されます。
40万円付近が中期的なサポートして機能するかどうか、ここが維持できれば40~45万円のレンジと思われます。

関連記事

ページトップへ戻る