仮想通貨に対する規制当局動き(19/1/10)

仮想通貨市場は小動きになっています。過去24時間の動きはビットコインは0.1%下落、イーサリアムは1.6%下落、リップルは2.8%上昇となっています。

関連通貨:

仮想通貨に対する規制当局動き(19/1/10)

仮想通貨に対する規制当局動き

仮想通貨市場は小動きになっています。過去24時間の動きはビットコインは0.1%下落、イーサリアムは1.6%下落、リップルは2.8%上昇となっています。

金融商品の規制に関しての主務官庁は日本では金融庁ですが、欧州ではEBA(欧州銀行監督機構)とESMA(欧州証券市場監督局)があります。
欧州銀行監督機構は仮想通貨にかんする現状分析をして、現状では仮想通貨がEUの金融規制の枠の外にあると評価しました。そのために投資家保護や市場の健全な成長を促すためにEUとしてのなんらかのルール作りが必要であると欧州委員会に対して報告しました。

仮想通貨に対する規制当局動き

BTC/JPYの時間足

チャートはBTC/JPYの時間足です。
7日に41万円台から一時44万円台後半に上昇後は43万円台中心のレンジ相場が続いています。
日足で見るとボリンジャー・バンド中心線が424,000円付近に位置しており、ここがサポートされています。
ボリンジャー・バンドの2シグマのラインは399,000円付近と45万円付近に位置しています。45万円付近の2シグマのラインがレジスタンスとして機能しています。ここを上抜けできれば前回の高値である47万円付近への上昇と見ています。
また399,000円付近の2シグマのラインも上昇後の押し目の安値あたりと一致し、ここも短期的には重要なサポートレベルとして機能しています。
1時間足で見ると434,000円付近にボリンジャー・バンドの中心線が位置しています。2シグマのラインは437,000円と431,000円付近に位置しており、ここが短期的にはサポート、レジスタンスとして機能しています。

関連記事

ページトップへ戻る