仮想通貨急落(19/1/11)

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインをはじめ主要アルトコインが軒並み大幅安となっています。

関連通貨:

仮想通貨急落(19/1/11)

仮想通貨急落

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:3606.3ドル(-6.30%)
イーサリアム:126.69ドル(-14.60%)
リップル:0.32864ドル(-7.12%)
ビットコインキャッシュ:133.29ドル(-11.39%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインをはじめ主要アルトコインが軒並み大幅安となっています。テザーなどのいわゆる『ステーブルコイン』は逆に小幅に上昇していますが、これに関しては通貨の特性上の例外です。仮想通貨市場は全般的に売り圧力が強まり、急落する流れとなっています。

要因としては以前に述べた『イーサリアムクラシックが51%攻撃を受けた』ことや『日本の金融庁が仮想通貨ETF承認検討』が誤報だったことなどが指摘されています。さらに米国の政府機関の閉鎖が米国におけるビットコインETF承認やBakktのビットコイン先物開始へ悪影響を及ぼすのではないかといった懸念も挙げられています。さらにビットバンクトレードが今年の3月31日で終了(ビットバンクはそのまま運営継続)することなども意識された可能性がありそうです。また、ビットメインのジハン・ウー市がCEOを退任するといった報道もあり、売り圧力が急速に高まったのではないかとみられています。

ビットコイン/ドルは去年の12月15日に3320ドル前後の水準を付け、そこから持ち直す展開となっていました。その後は上げ下げはあるものの比較的堅調な地合いを維持していました。しかし、今回の下落で再度3320ドルの安値を目指す可能性が出てきているように思われます。ここ最近の底堅い動きを眺めて悲観的なムードも和らいでいましたが、かなり厳しい局面へと追い込まれる展開も頭に入れておいたほうが良さそうです。

ここ最近はECBメンバーのハンソン・エストニア中銀総裁やビルロワ・フランス中銀総裁などが相次いで仮想通貨に対して批判的な発言をしています。個人的にはそういった発言をそこまで重視する必要はないと考えていますが、短期的な相場の動きとしては懸念を高める要因ではある点は注意しておきたいところです。

【ビットコイン節目】

ビットコインはボリンジャーバンド日足の中心線を抜けて一気に-2σまで下落しています。現状は-2σを意識しての動きであり、ここで支えられるかどうかがポイントとなります。価格としては3720ドル前後の水準で、支えられた場合は中心線である3980ドル前後が節目となりそうです。割り込んだ場合は去年の12月15日の3320ドルまで下落してもおかしくないでしょう。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を抜けて-2σまで急落しての推移です。現状はバンドの-2σを意識しており、ここをバンドブレイクするかどうかに注目が集まります。バンド幅は狭い状況で市場にはエネルギーが蓄積されており、一気に下値を拡大する可能性も十分にあるでしょう。バンドの+2σが上昇に転じた場合はバンド幅の拡大を伴いながらのバンドウォークが意識されるだけに、下落の勢いが強まる展開を頭に入れておきたいところです。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dがともに急落しています。%Kは下値圏に入っており、この水準を維持するかどうかがポイントとなりそうです。一方、%Dも下落の勢いを強めていますが、まだ下値余地を残しています。売りの流れが意識されやすく、先行きに警戒感が高まりそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を意識しての動きから一気にバンドの-2σをブレイクし、そのままバンドウォークが展開されています。バンドの+2σが上昇基調へと転じ、バンド幅の拡大を伴いながらのバンドウォークです。バンドの+2σは上昇基調を維持しており、ここからさらに下値を拡大する可能性もありそうです。上昇基調を継続しているバンドの+2σが横ばいから下落に転じた場合は調整が入りやすくなるので、逆に言えばそこまでは安易な押し目買いはリスクが高いでしょう。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが下落して下値圏での横ばいです。%Kが底打ちから上昇するかどうかがポイントとなりそうですが、%Dが持ち直してこないと戻しても上値は重いのではないかとみています。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

5000ドル:心理的な節目
4380ドル:直近の高値水準
4240ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
3980ドル:心理的な節目・ボリンジャーバンド日足の中心線
3720ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準

3610ドル:現在値

3220ドル:直近の安値水準
3000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る