BTCの上昇は終わり再び下げに(週報1月第1週)

今年最初の更新となります。本年もよろしくお願いいたします。

関連通貨:

BTCの上昇は終わり再び下げに(週報1月第1週)

BTCの上昇は終わり再び下げに

今週の仮想通貨レンジ

今年最初の更新となります。本年もよろしくお願いいたします。



BTCの上昇は終わり再び下げに

時価総額が大きい3つの仮想通貨(*)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。
Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

BTCの上昇は終わり再び下げに 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。前回から2週間空いていますので、今回は2週間の間に気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

3日(木)
*国内ニュース
「ビットコイン円は急落せず」

*筆者コメント
FX市場ではドル円のレートが3日午前7時台に108円台後半から104円台後半まで、4円以上もの急落を見せましたが、これは率にすると4%近い値幅です。その時のビットコイン(対円)は、1万円程度しか下げておらず、2%強ということになります。そして、その時間帯のビットコイン(対ドル)はというと、上がってはいますが20ドル程度と率にして0.5%程度ですから、ほぼ無視できる程度の値動きしかありません。

FXの場合、クロス円も軒並み円が急騰しましたし、その後の急騰も追随したことでドル円とクロス円とでの価格乖離は見られませんが、ビットコインではBTC/JPYとBTC/USD & USD/JPYから合成される対円価格とには、かなりの乖離が見られました。昨年も仮想通貨の対ドル、対円の価格とFXのドル円とを考えると裁定取引が可能といったコメントを書きましたが、今回も実際の取引が出来たかどうかは別としてかなりの乖離がありました。
おそらくアルトコインでも同様、あるいは更に乖離が大きかったと思われますが、そうした点でも、まだ仮想通貨市場は未熟であると言えるでしょう。

5日(土)
*海外ニュース
 「イーサリアムクラシックで51%攻撃」

*筆者コメント
米国の大手仮想通貨取引所コインベースにおいてイーサリアムクラシック(イーサリアムからハードフォークで誕生したアルトコイン)が51%攻撃を受けました。51%攻撃とは悪意あるマイニング業者によって全体の51%(50%超)を支配することで不正な取引を行うことです。実際に不正な取引が見つかり損失が発生しているようです。

通常は51%を支配することに必要なコストを考えると、行われないであろうという楽観的な見方がコンセンサスのようですが、取引量が少ないアルトコインの場合では、状況次第では起こりうる問題ですし、イーサリアムクラシックも時価総額ランキングでは15~20位程度ですから、仮想通貨全体の中では比較的メジャーな部類です。
こうした懸念もあり、やはり仮想通貨は法定通貨ではありえないということが、再確認されたようなニュースだったと思います。昨日の仮想通貨全体の下げは大口取引やテクニカルな要因もあったのでしょうが、この事件の余波だと見ています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。

 *中長期の動きと今週の振り返り(日足)

 *中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

昨日のビットコインは今朝の到達確率チャートを見てもわかりますが、東京後場の3900ドル台からの下げと、NY前場の3700ドル台からの下げの2回で日中の下げとしては450ドルを超える最近としては大きな下げになったと同時に、昨年末からの上昇トレンドを一気に下抜ける動きとなりました。
前回は12月下旬の高値で短期的な高値を付けた可能性を指摘しましたが、11月末の戻し高値とこの12月下旬の戻し高値を結んだレジスタンスライン(ピンク)で1月の戻し高値が押さえられたことがチャートを見るとわかります。いっぽうで12月安値からのサポートライン(ピンク)を昨日の下げで割り込んできたことで、当面はテクニカルに地合いが悪いと見ざるを得ないチャートです。4時間足チャートも見てみましょう。

 *短期的な見通し(4時間足)

 *短期的な見通し(4時間足)

昨日の下げで安値3535.6は12月28日の安値3535.0に並び、12月安値と12月高値の61.8%押し3556(赤のターゲット)もほぼ同水準に位置しています。地合いが悪いことから12月28日安値を下回ると次のターゲット78.6%(61.8%の平方根)押しとなる3381ドルを視野に入れる展開となってきそうです。
来週は昨日の2段下げの後のもみあい水準3700~3800ドルがテクニカルに戻り売りの出やすい水準と考えられますので、3750ドルをレジスタンスに、上記ターゲットに近い3400ドルをサポートとする週を見ておきます。

今週のコラム「イーサリアムクラシックの日足チャート」

今週のトピックスでイーサリアムクラシック(以下、ETC)というアルトコインが出てきましたのでどのような値動きをしているのか、またイーサリアム(以下、ETH)と比較してどういなのか、それぞれの対ドルチャートを見てみましょう。

BTCの上昇は終わり再び下げに 3枚目の画像

今週のトピックスでイーサリアムクラシック(以下、ETC)というアルトコインが出てきましたのでどのような値動きをしているのか、またイーサリアム(以下、ETH)と比較してどういなのか、それぞれの対ドルチャートを見てみましょう。

私もETH/ETCはチェックしていませんのでわかりませんでしたが、昨年11月中旬時点では15ETCあれば1ETHが買えた状況から、直近では1ETH買うのに31ETC必要となっていたことになるわけです。ドル円で1ドル100円が1ドル200円になったというとイメージしやすいかもしれませんが、仮想通貨自体の変動が大きい中で仮想通貨クロスもなかなかダイナミックな動きをしている様子がわかりますね。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る