160億円相当の仮想通貨が全喪失?(19/2/6)

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に上昇しての推移です。

関連通貨:

160億円相当の仮想通貨が全喪失?(19/2/6)

160億円相当の仮想通貨が全喪失?

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:3505.3ドル(+0.06%)
イーサリアム:107.26ドル(-0.96%)
リップル:0.29993ドル(-0.77%)
ビットコインキャッシュ:117.09ドル(-1.53%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に上昇しての推移です。一方、アルトコインは全体的に上値の重い展開となっています。ただ依然として小動きであり、様子見ムードが継続しています。中国などが旧正月となっていることも影響している可能性はありますが、去年の旧正月は急落場面であり乱高下していたことを考えると、その考えにも違和感を覚えるところではあります。いずれにせよ動きの少ない状況であり、方向感は見えにくいところです。

さて、『およそ160億円分の仮想通貨が全喪失の可能性』といったニュースが入っています。また取引所にハッキング被害か?と思ったら、話は全く違うようです。カナダ最大の仮想通貨取引所であるQuadriga CXが顧客から預かっていた仮想通貨を保管していたコールドウォレットへのアクセスがCEOの死亡によって不可能となった、という状況のようです。

コールドウォレットとはインターネットに接続しない物理デバイスで仮想通貨を保管するものです。これを使うことでハッキングなどの被害を受ける可能性がほとんどなくなります。しかし、このコールドウォレットは物理的に秘密鍵を保管しておく必要があることから、現実の窃盗や紛失などに弱い点が指摘されています。

ハッキングの被害に対応するため、取引所は一部の仮想通貨をオンライン上のホットウォレットに保管し、残りをオンライン上から切り離されたコールドウォレットへ保管するのが一般的になってきています。そしてそのコールドウォレットを複数の人間で管理するのがリスク管理として当然のことと考えられてきました。しかし、今回は一人でコールドウォレットを管理し、その管理者が死亡したことでコールドウォレットの中に入っていた顧客の仮想通貨へのアクセスができなくなった、ということのようです。

こういった人為的なミスは起こり得る話ではありますが、今回に関しては取引所のリスク管理の観点から俄かに信じられないような状況ではあります。しかもこのCEOは難病を患っていたといった話もあり、ここまで出てきている話が真実なのか疑ってしまうところもあり、今後の展開を見守りたいところです。ただ、仮にこれだけの仮想通貨へのアクセスができなくなったのであれば、換金できないコインが増えることを意味するため、価格への上昇圧力となる可能性がないわけではありません。

【ビットコイン節目】

ビットコインは依然としてボリンジャーバンド日足の-2σと中心線で挟まれた狭いレンジを意識しています。ここ最近は書くことが変わりませんが、バンドの-2σである3430ドル前後の水準と中心線である3590ドル前後の水準が節目となりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-1σ付近を動いています。非常に狭いレンジを推移しており、バンド幅も狭い状況です。市場にはエネルギーが蓄積されていますが、方向感の見出しにくい局面であり、動き出す気配もありません。バンドの中心線が上値を抑えており、先行きに対する警戒感は拭えないところではあるとみており、動き出すとしたら下方向の可能性が高いのではないでしょうか。

また、ストキャスティクスを見ると、%Kが持ち直し基調を継続しています。このまま上昇基調を維持することができるかどうかに注目が集まります。一方、%Dはじり安基調です。上値の重さが意識されやすい状況下で、%Kが下落に転じた場合は売り圧力が強まりやすいでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σで支えられてバンドの中心線を意識しての動きです。ここをブレイクして+2σまで上昇するのか、抑えられて再度-2σまで下落するのかに注目です。バンドの±2σは横ばいとなっており、レンジでの動きが意識されやすい状況です。バンド幅は比較的狭く、バンドの+2σもしくは-2σを意識しての動きとなった場合はバンドブレイクからバンドウォークといった流れになる可能性があるので注意が必要でしょう。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dともに上昇基調でしたが、ここにきて%Kが下落に転じています。これが下落基調を維持するのかどうかがポイントとなりそうです。再度上昇に転じた場合はバンドの+2σまで、下落を維持した場合は-2σに向けての動きとなりそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

5000ドル:心理的な節目
4380ドル:直近の高値水準
3740ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
3590ドル:心理的な節目・ボリンジャーバンド日足の中心線

3510ドル:現在値

3430ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
3220ドル:直近の安値水準
3000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る