ETFに絡む報道でビットコイン急騰(2/12)

去24時間の動きはビットコインが0.06%の下落、イーサリアムは1.29%の上昇、リップルは0.03%の下落となっています。

関連通貨:

ETFに絡む報道でビットコイン急騰(2/12)

ETFに絡む報道でビットコイン急騰

直近の仮想通貨市場は小動きですが、先週末は大きな動きとなっていました。過去24時間の動きはビットコインが0.06%の下落、イーサリアムは1.29%の上昇、リップルは0.03%の下落となっています。

ビットコインETFに関する報道によって8日の深夜にビットコインは急騰しました。SEC(米証券取引委員会)のロバート・ジャクソンJr氏がビットコインETFの承認は時間の問題と楽観的な意見を述べたことが急騰のきっかけです。
前回のETF承認は、メキシコ国境への壁建設を巡る米共和党と民主党の争いで政府機関が閉鎖となり、SECの職員が自宅待機となったことでETFの審査は棚上げになっていました。シェルビー米共和党上院議員が国境警備予算を巡る協議で原則合意したと述べ、現在のSECの審査は滞ることなく継続する見込みです。

ETFに絡む報道でビットコイン急騰

チャートBTC/JPYの4時間足です。
37万円割れまで下落していましたが、前述したETFに絡む報道を受けて406,000円付近まで上昇しました。ただ下落前の高値41万円付近を上抜けすることは出来ずに395,000円付近で推移しています。
41万円付近を上抜けできれば、下落前の高値44万円付近への上昇と思われます。
一方でボリンジャー・バンドの2シグマのラインが392,000円付近に位置しており、このレベルが短期的なサポートとなっています。
ここを下抜けした場合は、上昇前のレジスタンスとなっていた38万円付近がサポートになるものと思われます。

関連記事

「暗号資産羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトは暗号資産およびブロックチェーンに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の暗号資産、金融商品等の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
暗号資産に関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各暗号資産交換業者等に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社は暗号資産取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各暗号資産交換業者等のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各暗号資産交換業者等との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、暗号資産取引等に伴うトラブル等の利用者・各暗号資産交換業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。また情報提供者自身が当該商品の自己ポジションを持って売買している場合があります。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、暗号資産羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る