金融庁が取引所GMOコインへの行政処分を解除か(2/14)

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。

関連通貨:

金融庁が取引所GMOコインへの行政処分を解除か(2/14)

金融庁が取引所GMOコインへの行政処分を解除か

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:3660.0ドル(-1.43%)
イーサリアム:121.62ドル(-1.61%)
リップル:0.30246ドル(-1.37%)
ビットコインキャッシュ:121.01ドル(-0.51%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。その他の通貨も全体的に上値の重い展開となっています。特段大きな材料がない中で2/8の上昇に対する調整が継続している局面です。このまま下落して結局行ってこいといった動きになる可能性もありそうで、先行きに対する懸念は依然として根強いところです。

さて、ロイター紙が『金融庁が取引所GMOコインへの行政処分を解除か』といったニュースを報じています。GMOコインが解除となればコインチェックに続き2件目ということになります。金融庁はハッキングなどを受けて業務改善命令を多くの業者に出していましたが、月次の報告などを検討した上で、処分の理由となったシステム管理体制について十分な改善が図られたと判断し、解除に踏み切ったようです。

今回の行政処分の解除の流れが他の業者にも波及するのではないかといった見方が出ています。こうした流れが強まれば、仮想通貨業界にとっても追い風となるでしょう。しかし、そこまで楽観視できるものでもないとみています。そもそも、今回の解除にしても十分な改善が図られたと金融庁が判断したことによるものです。その他の業者でそういった改善がなされているのかどうかは定かではありません。金融庁としても一定の基準があるものと思われます。仮に行政処分を解除した後に再度問題が発覚ということになれば、金融庁にも責任問題が波及しかねません。である以上、解除は慎重に行われるものと思われます。ただ、管理体制などの改善がみられるということは、仮想通貨に対する信認を高めるうえでも重要なことであり、取引所のより健全な運営に期待したいところではあります。

ちなみに、8日の文章で『安倍首相が仮想通貨の可能性に言及』といったことを書きました。その直後の金融庁の動きであり、何らかの政治的な判断があった可能性は0ではないかと思っています。ただ、その際の首相の発言を見る限り、あまり関係ないと考えるのが無難かと思われます。

【ビットコイン節目】

ビットコインはバンドの+2σまで上昇したものの、そこで抑えられてじり安基調です。バンドの+2σをブレイクすることができなかったことから、バンドの中心線である3580ドル前後を目指す動きとなりそうです。バンドの±2σを意識してのレンジが形成されており、+2σである3770ドルと-2σである3390ドル、そして中心線が節目として意識される展開が継続しています。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σで抑えられて下落しています。下落の勢いは弱いものの、中心線に向けて着実に下落しています。中心線までは下落する可能性が高いでしょう。そこで支えられるかどうかに注目が集まります。ただ、基本的にはレンジの動きであり、大きな動きにはなりにくいでしょう。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dは下落基調となっています。デットクロスからの下落であり、先行きに対する警戒感は強まります。下値余地はまだ十分にあるため、しばらく下落基調を維持する可能性もありそうです。少なくとも目先はまだ売り優勢といった展開となるのではないでしょうか。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σで抑えられて下落し、バンドの中心線を抜けて一気に-2σまで下落する展開です。ここをバンドブレイクからバンドウォークといった流れとなるかどうかに注目ではありましたが、目先は下げ渋っています。バンドの+2σも横ばいであり、レンジ圏での動きが意識されやすい局面となっています。目先は堅調地合いで持ち直すのではないかとみています。ただ、バンドの中心線で抑えられた場合は先行きに対する警戒感が高まるので、その点は注意しておいたほうが良さそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dともに下落して下値圏に入っています。ただ、%Kは目先持ち直しが意識されており、%Dが上昇に転じれば買い意欲が強まる展開となるでしょう。となると、一時的にはやはり持ち直してバンドの中心線まで上昇し、そこからの動きで先行きを占うといった局面かと思われます。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

5000ドル:心理的な節目
4380ドル:直近の高値水準
3770ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

3660ドル:現在値

3580ドル:心理的な節目・ボリンジャーバンド日足の中心線
3390ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
3220ドル:直近の安値水準
3000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る