仮想通貨取引に機関投資家が動き出す?(19/2/15)

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。

関連通貨:

 仮想通貨取引に機関投資家が動き出す?(19/2/15)

仮想通貨取引に機関投資家が動き出す?

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:3654.1ドル(-0.21%)
イーサリアム:121.26ドル(-0.07%)
リップル:0.30247ドル(-0.04%)
ビットコインキャッシュ:121.16ドル(+0.11%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。その他の通貨も小幅な動きであり、方向感の見えにくい展開となっています。特段大きな材料がなかったため、様子見ムードが強まる局面です。ここしばらく狭いレンジでの推移が維持されており、先行きに関しても動きづらい状況が継続するのではないでしょうか。

さて、米商業銀行Galaxy Digital社のマイケル・ノボグラッツCEOがBakktの始動やカストディ業務・先物取引の発展などを受けて機関投資家が仮想通貨市場に参入してくるだろうとの予想をしています。これに関してはゆっくりとしたペースで、資産の一部に仮想通貨を組み込むところから始まると予想しています。

機関投資家の資金がごく一部でも仮想通貨市場に流入することになれば、その規模から考えても影響はかなり大きいということができるでしょう。さらにビットコインETFが証人ということになれば、そういった流れは加速していく可能性もあるだけに、今後の展開に期待感が高まっていくことになりそうです。

しかし、現状においてはこういった予想などに市場は反応していません。結局は実際に起こったことに対して後追いで反応するといった局面が継続しています。ビットコインETF承認にしても、ここまでまず間違いなく承認されるという予想から延期を繰り返しており、Bakktのビットコイン先物も延期されました。米国の政府機関の閉鎖などの要因があったとはいえ、状況は改善されたとは言い難いところであることは事実かと思います。市場もこうした期待しては裏切られるといった流れが続いたことで、決定までは信用しないといった姿勢を強めているように思われます。今回のような予想・思惑や政府機関の閉鎖解消をもって仮想通貨が上昇するといった反応は期待薄と言わざるを得ないでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインはバンドの+2σまで上昇したものの、そこで抑えられてじり安基調です。そろそろバンドの中心線である3580ドルが意識されてきそうです。ここを下抜けた場合はバンドの-2σである3390ドル前後の水準が、支えられた場合は+2σである3780ドル前後の水準が節目として意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σで抑えられて下落しています。下落の勢いはかなり弱いものの、中心線に向けてじり安基調を維持しています。このまま中心線まで下落する可能性が高そうです。そこで支えられるかが目先のポイントです。ただ、バンド幅は比較的狭い状況であり、現状では大きな動きとはなりにくい局面ということができそうです。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dは下落基調となっています。デットクロスからの下落であり、先行きに対する警戒感は強まります。目先は若干下落の勢いが落ちていますが、まだ売りの流れは継続しているといったところではないでしょうか。下値余地を残しているだけに、上値の重さが意識されるのではないかとみています。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、-2σと中心線で挟まれたレンジを動いています。狭いレンジであり、市場にはエネルギーも蓄積されてきているものと思われます。バンドの±2σがじり安となっていることから、トレンドそのものが下向きです。売り圧力が強まった場合、バンドの-2σをブレイクすることができるかがポイントとなるでしょう。その際はバンドの+2σが上昇するかどうかで流れを判断するとよいでしょう。

ストキャスティクスで見ると%Kは底打ちから上昇していましたが、早くも腰折れしています。このまま下落の流れが維持されるかどうかに注目です。一方、%Dは上昇基調が維持されています。中長期的には底堅い動きが意識される可能性が残っています。ただ、%Kが腰折れしているだけに、%Dの方向感には注意して対応したほうが良さそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

5000ドル:心理的な節目
4380ドル:直近の高値水準
3780ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

3650ドル:現在値

3580ドル:心理的な節目・ボリンジャーバンド日足の中心線
3390ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
3220ドル:直近の安値水準
3000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る