仮想通貨週報 緩やかな上昇で4000ドルをターゲット(3月第2週)

イーサリアムの下げを受けてビットコインにも売りが入りましたが、翌日にはビットコインは大口の買いが

関連通貨:

仮想通貨週報 緩やかな上昇で4000ドルをターゲット(3月第2週)

今週の仮想通貨レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨の週間レンジを示しています。
始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値~金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨レンジ

Crypto Index(仮想通貨インデックス)の詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨分析情報」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

この日足チャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のBTCは月曜にイーサリアムの下げを受けてビットコインにも売りが入りましたが、翌日にはビットコインは大口の買いが出たことをきっかけに反転、売られる前の高値を上抜けて底堅い展開となりました。しかし週初2日間の動きを除けば日々の値幅は狭かったと言えます。

最近のビットコインはビットコイン自体の材料以上に、アルトコインの急騰、急落の影響を受けて動き、それ以外では比較的静かな値動きを続けている状態が多いのですが、これは明らかに参加者が減り、取引量自体が減っていることによるものと思います。この辺りのことを今週のコラムで見てみることにしましょう。
話を戻して、現状のビットコインは先月安値と今週安値を結んだサポートラインと、それと平行に引いた上昇チャンネルの中で、緩やかな上昇トレンドとなってきた段階と考えられます。
もう少し拡大して4時間足チャートで見てみましょう。

*短期的な見通し(4時間足)

*短期的な見通し(4時間足)

日足チャートで示した上昇チャンネルも示してありますが、このチャンネルの上限が今週は4000ドルの大台に向かって緩やかな上昇を見せていることがわかります。また2月高値と今週安値の61.8%戻しが3994ドル(赤のターゲット)と、ちょうど4000ドルの大台と重なっているため、当面は4000ドルの大台をターゲット兼レジスタンスとする流れにあると考えられます。
一方、サポートについては3750ドルの水準に青の水平線を引いてありますが、2月は同水準よりも下は下ヒゲでしかつけていませんし、今週も大きく下げたものの同水準以下はダマシの安値となりました。上昇チャンネルの下限も3750ドル水準へと上がってきますので、今週は緩やかな上昇を考え3750ドルをサポートに大台4000ドルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週も仮想通貨に関連したニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元の記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

2日(火)朝刊
*国内ニュース
「帳票を電子交付、地銀4行が開発」

*筆者コメント
岩手銀行を中心に地銀4行が企業向けに帳票の電子交付サービスを開発し、岩手銀行は1日から先行してサービスを開始したとのことです。これまではブロックチェーン技術の導入はメガバンクが中心でしたが、大手地銀にもその波が来ているようです。
メガバンクに比べて収益環境が厳しい地銀こそブロックチェーンを利用して支出削減を行うことで収益改善につながるはずです。こうした本来的な技術の利用は今後も各業界で次々と出てくるものと期待されます。

6日(水)夕刊
*国内ニュース
 「仮想通貨3社、証券参入」

*筆者コメント
仮想通貨業者の一部業務(ICO、仮想通貨デリバティブ等)が金商法の対象となる方向を受けての対応のようですが、一部業務と言わず早期に仮想通貨業者すべてを金商法の下で管理する方向が個人的には正しいと思います。

今年のG20では議題のひとつである仮想通貨ですが、相変わらず詐欺や犯罪に使われるケースが多く、スパムメールによるビットコインの要求も頻繫に入ってきます。匿名性のデメリットにどのように対応するのかが見えてこないと、ブロックチェーン技術は残っても仮想通貨ブームが去る方向のような気がしてなりません。

今週のコラム「ビットコインの出来高」

仮想通貨羅針盤でもビットコインの24時間出来高を見ることが出来ますが、連続しての時系列データを知るのに便利なサイトとしてBitcoinityがあります。同サイトではビットコインの業者別、通貨別の出来高統計を取っています。

このサイトを見る限り、この6か月では11月20日をピーク(413,900ビットコイン)に出来高は着実に減ってきていること、1~2週間に1回程度その前後に比べて出来高が急増している日があることがわかります。この急増はビットコイン、アルトコインに何らかの材料が出たことで値幅を伴った日と言うことが出来ますが、そうした日を除くと1日当たりの出来高は5万ビットコイン前後であることもわかります。

仮想通貨の価格の見通しに出来高分析がどの程度役立つかはわかりませんが、統計データをエクセルに落とすこともできますので、興味のある方は検証してみると面白いかもしれません。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る